目次

[1]背中で引っ張る主将となりたい
[2]これ、ホンマに福元なんか?と思わせる活躍を見せていきたい

 前編では智辯学園の福元選手が智辯がに入るきっかけや、昨年のセンバツについて振り返っていただきました。後編ではどんな思いで主将としてチームを引っ張っているのか?そしてこのセンバツにかける思いを語っていただきました。

背中で引っ張る主将となりたい

福元 悠真選手(智辯学園高等学校)

 春と夏、両方の甲子園を知る福元は新チームではキャプテンを任された。
少年野球やボーイズを通じても初めてのキャプテン。副キャプテンの経験もなかった。

「入学した時、監督からは『お前は学年を引っ張っていく人間や!』とずっと言われていて、柱にならなければならない人間なのに、でもみっともないようなことをしたら監督さんが僕を怒ってくれたんで、そこから成長して、絶対キャプテンをやるんや!という気持ちでやるようになりました。僕は前主将の岡澤(智基)さんを見ていました。あんなにいいキャプテンはいないですし、岡澤さんの背中だけを見てました。岡澤さんの良いところは吸収しつつ自分の良さも出さなければならないので、自分は言葉で言うより背中で引っ張れるのが一番いいと思うので、そんなキャプテンになりたいなと思います」

 チームメイトの同じくドラフト候補生・太田 英毅(2年)は福元の印象についてこう語る。
「キャプテンとしても、バッターとしても完璧じゃないですかね。パワーもあって三振もあんまりしないし選球眼も良くて、打ってほしい時に絶対打ってくれるんで・・・いいバッターですけど負けてる部分があるので悔しいです。キャプテンとしてはめっちゃ熱くて、試合中も練習中も声を張り上げてて。岡澤さんと重なってきていいキャプテンだなと思います!」と全幅の信頼を置く。

これ、ホンマに福元なんか?と思わせる活躍を見せていきたい

 さらに小坂 将商監督は昨秋、気持ちを前面に出せるからという意味を込めて福元を1番で起用した。福元は大事な場面で会心の一打を放つと右手を突き上げながら一塁へ走るようになった。

「意識的にやってますね。これを始めたきっかけは、秀岳館松尾 大河選手関連記事北海戦(試合レポート)で、1打席目に右中間へ打って三塁に到達した時にガッツポーズしてたのがカッコ良すぎて、憧れちゃいましたね。あれをやられたら守っている方からしたらこれ以上の威圧は無いなと思って、それをやりたいと思って自分も1打席目に出た時はやってました。どんどん気持ちを前に出していった方が相手は嫌だと思ったので。でも足は自信ないですし、三塁打は難しいのでいつもセカンドでやってます!」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。