第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】2017年02月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]守備に興味を持つことが上達への第一歩
[2]構える際に外野手が実行すべき2つのポイント / 頭がぶれればボールもぶれる
[3]必要なのは最初の3歩で目を切る勇気

必要なのは最初の3歩で目を切る勇気

赤松 真人選手(広島東洋カープ)

Q.  ボールから目を切って打球を追うコツを教えてください。

――いわゆる「目切り」ですね。目を切るのがこわいという声はよく聞きます。

赤松:わかります。勇気がいりますよね。プロでもきちんと目を切れない選手がたくさんいますよ。

――そうなんですか。

赤松:ええ。でも目切りというと、ずっとボールから目を離すものだと思っている選手がいるみたいですけど、実際に目を切る必要があるのは最初の3歩くらいですよ。走る距離が長くなれば、「目を切って、全力で走って、ボールを再び見て、場所を確認して」という作業が間に入りますが、ずっとボールから目を切っているわけじゃない。必要なのは最初の3歩で目を切る勇気なんです。でもこの3歩ができるかどうかで走るスピード、落下地点への到達時間は大きく変わってくる。

――最初の3歩で目を切るためのいい練習方法はありますか?

赤松:外野手になったばかりの高校時代にぼくがよくやったのは、バッティング練習の時に守備位置につき、インパクトの瞬間に打球から目を切って、一歩も動かずに自分が落ちると予測した地点に視線を移し、そこを指さす練習。指をさした場所の半径3メートルの中にボールが落ちたならば、実際にそこへ走っていれば捕球できたということ。指した地点とボールが落ちた場所がそれ以上にずれたら、ずれた理由を考え、感覚を修正する。そしてずれがなくなってきたら、実際に予測地点に向かって走ってみる。その練習の繰り返しでいつしかスムースに目を切ってスタートできるようになりました。

――ノックの打球よりも打撃練習の打球のような生きた打球の方が上達は早くなりますか?

赤松:やはりノックはほぼ止まった状態のボールを打つわけですから、実際の打球と比較すると回転数が全然違うんです。仮に同じ本数を受けるなら、打撃練習の打球を受けた方がいいとは思います。でも数を受けることだけを考えたらノックの方が短時間で数多くの打球を受けることができます。ともにメリットはあるので、ミックスしながら数多く打球を受けることを積み重ねることが早い上達につながるのではないかと思います。

 後編では、赤松選手のグラブのこだわりや、そして高校球児にメッセージをいただきました。

(インタビュー・文/服部 健太郎)

注目記事
【1月特集】「2017年は僕らの年に!」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

赤松 真人
赤松 真人(あかまつ・まさと)
  • 広島東洋カープ
  • 経歴:平安-立命館大-阪神タイガース-広島東洋カープ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:182センチ75キロ
  • 生年月日:1982年9月6日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第2回 【12球団ドラフト指名予想】阪神は井上広大のようなスケールの大きな野手を指名し猛虎打線再来へ!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第5回 「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第3回 「補強ポイントは全部?!」スポーツライター・小関順二さんが阪神タイガースのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所【高校野球コラム】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
平安 【高校別データ】
平安 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー