第477回 北海道日本ハムファイターズ 宮西 尚生投手(市立尼崎出身)「超一流の中継ぎが実践する調整法」2016年12月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]60パーセントの力で100パーセントのボールを投げる
[2]自分に合ったフォームは年々変わっていく
[3]手術明けの1年で球速も出なかったけど、その分引き出しが増えた

 今季10年ぶりの日本一に輝いた日本ハムの大きな原動力となったのが、人材豊富な中継ぎ陣だ。その中で入団以来、9年連続50試合以上登板という、とてつもない記録を続ける宮西 尚生投手(31)は、今季史上2人目となる通算200ホールドを達成し、さらには39ホールドで最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得。フル回転の活躍で日本一に大きく貢献した。侍ジャパンにも選出され、日本ハム投手陣の精神的支柱でもある鉄腕左腕は、オフをどう過ごし、どんなトレーニングをしているのか、迫ってみた。

60パーセントの力で100パーセントのボールを投げる

宮西 尚生投手(北海道日本ハムファイターズ)

 180センチ75キロと、決して体格に恵まれているという訳ではない。一見すると“変則左腕”という、あまり選手寿命が長くはなさそうに感じるタイプだが、宮西にそんな通念はあてはまらない。今季は左ひじの手術明けのシーズンだったにもかかわらず、入団以来続けてきた50試合以上登板を楽々とクリアする58試合のマウンドに上がり、最優秀中継ぎ投手のタイトルまで獲得するおまけつき。打者190人に対して1本の本塁打も許さず、防御率1.52という成績は、誰もが認める優勝の立役者の一人だ。

「今季はすべてがうまくいったという感じです。いや、うまくいき過ぎたんじゃないですか」
という言葉にだまされてはいけない。築き上げてきた数字には、もちろん確固たる裏付けがある。

 シーズン中、勝利の方程式の一翼を担う左腕は、ほぼ全試合で必ず1度は肩を作る。「毎試合登板する可能性がありますからね。マウンドに上がった時にどこかが張っていたり、ランニングをしすぎて疲れていたり、ウエイトトレーニングで筋肉痛になっていたりというのは通用しない。常に100パーセントのコンディションでマウンドに上がりたいんで、シーズン中は最低限のトレーニングしかしない」というリリーフならではの調整法の中で、これだけの成績を残し続けられている理由は、オフの過ごし方にあった。

 まずシーズンが終わってすることは、心身ともにリセットすること。1週間はスッパリと野球から離れ、完全休養にあてる。「本当にまったく何もしません。もちろんノースローですし、体も一切動かしません」。半年以上にも及ぶペナントレースの中で、パンパンに張りつめていた心と体をゼロに戻すことから、中継ぎエースの自主トレは始まる。その後は、宮西の「原点」ともいえるランニングを開始する。

「走るといっても“基礎の基礎の基礎”というぐらいのレベルのジョグですね。有酸素運動で血流を上げて、痛んでいるところの回復力を上げるのと同時に、体をちょっとずつ目覚めさせていく」とランニングの時間は30分程度だが、これがキャンプに入るまでの必須メニューとなる。

【次のページ】 自分に合ったフォームは年々変わっていく

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宮西 尚生
宮西 尚生(みやにし・なおき)
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 経歴:市立尼崎-関西学院大学-北海道日本ハムファイターズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投げ左打ち
  • 身長体重:180センチ75キロ
  • 生年月日:1985年6月2日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第66回 「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第11回 「素材重視の指名か」スポーツライター・小関順二さんが日本ハムのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
第947回 【兵庫大会総括】明石商が圧巻の逆転V!公立校13校がベスト16入りと大躍進!【大会展望・総括コラム】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第733回 ブランドン・レアード(北海道日本ハムファイターズ)「いつでもポジティブに!夢を信じて突き進め!」 【2018年インタビュー】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
市立尼崎 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー