第465回 負けるたびに強くなる“清宮幸太郎”という大きな存在2016年11月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
清宮幸太郎選手

【目次】
[1]今夏の八王子の敗戦がすべてきっかけとなっている
[2]公式戦16本目は、左腕投手から初めての本塁打
[3]神宮大会の経験はすべて価値のあるものだった

 明治神宮大会決勝で先制弾を放った清宮 幸太郎。これでチームは勢いに乗るかと思われたが、結果として履正社に6対11で敗れた。それでも、試合後の清宮は、ここまで戦えたことをプラスに捉えている様子だった。今年のチームがなぜ明治神宮大会決勝まで勝ち進めたのか?また、東京都大会後からの自身の打撃の復調について本人はどう感じているのだろうか?

 今夏の八王子の敗戦がすべてきっかけとなっている

 「すべては八王子戦の負けがきっかけになったと思います」
 神宮大会決勝後の囲み取材で、ここまでの勝ち上がりの要因をそう振り返った清宮 幸太郎
今夏西東京大会準々決勝で八王子に敗れ、二季連続の決勝進出を逃した早稲田実業にとっては悔しい、悔しい負けだった。この負けを忘れず、選抜へ向けて、新チームのスタートを切った。

 清宮は主将に就任後、スローガン「GO!GO!GO!」を掲げた。このスローガンの下、早稲田実業の選手は大きくパワーアップを遂げた。投手陣のスピードは上がり、野手陣の力量は全体的に底上げされ、関東一国士舘日大三といった強豪校を打ち破り、東京都大会で優勝を決めた。決勝戦では、清宮は5三振に終わりながらも、打線が奮起し、日大三櫻井 周斗を攻略。チームの成長が優勝をもたらしたといっていい。そのチームについては清宮はこう語っている。
「初戦から比べても、チームはとても変わったと思います。出ている人、出ていない人関係なく、みんなが声を出して、どんな展開になっても諦めず、誰かが失敗しても誰かが助けてくれる、そういうチームになりました」
しかし、キャプテンである自身は決勝で5三振に終わったことについて、「チームは勝利したけれども、自分は負けていた」と口にした。
 それでも、神宮大会前までに技術修正に努めた。とくにチェックしたのは右肩の開きだ。開きの早さを修整するために、和泉実監督の指導を受けた清宮は神宮大会前最後の練習試合では高校通算75本塁打を放ち、復調した姿を示した。

【次のページ】 :公式戦16本目は、左腕投手から初めての本塁打

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

清宮幸太郎
清宮幸太郎(早稲田実業)
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:184センチ97キロ
  • ■選手名鑑
    清宮 幸太郎
【関連記事】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs正則【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
日本vs南アフリカ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー