第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密2016年11月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
嶋谷将平選手

【目次】
[1]中学時代は捕手!高い意識で中国地区ナンバーワンショートと呼ばれる存在に
[2]神宮ではどよめきの連続だった

 11月12日、神宮大会2日目。この日、宇部鴻城のショート・嶋谷 将平のパフォーマンスに魅了された高校野球ファンは多いのではないだろうか。広い守備範囲に、難しいバウンドを捌く球際の強さ、持ち替えが速い捕球技術、確実性の高いスローイング、さらに深いところからでも刺せる強肩とどれをとっても一級品。好守備を連発するたびに観客をどよめかせた。

中学時代は捕手!高い意識で中国地区ナンバーワンショートと呼ばれる存在に

 中国大会では、16打数10安打と大当たりしたバッティングだけでなく、好守備を連発し、中国大会優勝に貢献した嶋谷 将平。宇部市立恩田小、宇部市立常盤中(軟式)を卒業後、「山口県で甲子園に最も近いチーム」として宇部鴻城に進学。まさに宇部市で生まれ育った選手だ。中学では、チームの事情で捕手だったという嶋谷だが、なぜ高校でショートをやることになったのか。

 それは宇部鴻城の尾崎監督の方針がある。
「うちは選手が希望するポジションをやらせます。自分が好きなポジションだったら覚悟を持ってやってくれますからね。嶋谷はショートを希望していましたが、最初から守備は光るものを持っていました」
 嶋谷自身も、入学時から守備に対して自信を持っていた。嶋谷が特にこだわっていたのが持ち替えを速くすることだ。嶋谷の守備を見ると捕ってから投げるまでが早い。中国大会決勝の後にも嶋谷は話してくれたが、キャッチボールから意識しているという。
「普段からそういうことをやっていると、いざというときにすぐに縫い目をかけて投げることができます。逆にゆっくりとやっているとうまく握れないことがあります。だからキャッチボールからそれをやれば、縫い目にかけやすくなり、良いボールが投げられるんです」

 常に高い意識で守備を磨いてきた嶋谷は前チームからレギュラーに。2年春には山口県を代表するショートに成長し、そして2年夏は5番ショートとして山口大会を戦ったが準優勝に終わり、あと一歩で甲子園で届かなかった。その悔しさがこのチームの原動力となった。そして新チームスタートと同時に主将に就任した嶋谷。宇部鴻城は主将を投票制で決める。投票の結果、嶋谷が満票で決まった。尾崎監督は「野球に対する取り組みはもちろんですが、チーム一の努力家でありますし、それは私だけではなく、チーム全員が認めています」と話すほど。その嶋谷が束ねたチームは秋季県大会で優勝を収め、中国大会でもがっちりと噛み合った投打をみせ見事優勝。嶋谷は準決勝決勝の2試合で8打数7安打と固め打ちで、攻守ともに優勝に貢献。

 バッティングでは、相手バッテリーの配球をつかんでから事前に狙い球を絞り、そしてタイミングもネクストバッターサークルで合わせる作業をして、しっかりと準備する姿も。攻守ともに意識の高さが高次元のパフォーマンスを生んでいた。

【次のページ】 :神宮では嶋谷の守備を見て何度もどよめきが起こった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

嶋谷将平
嶋谷将平(しまたに・しょうへい)
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:177センチ70キロ
  • ■選手名鑑
    嶋谷 将平
【関連記事】
第931回 下関国際の3連覇か?高川学園の3季連続優勝か?宇部鴻城など実力校も上位進出を狙う!【山口大会展望】【大会展望・総括コラム】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第645回 今大会最注目の下関国際と「春連覇」を狙う、昨春の県大会王者・宇部鴻城【大会展望・総括コラム】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs宇部鴻城【第89回選抜高等学校野球大会】
札幌第一vs宇部鴻城【2016年 第47回明治神宮野球大会】
宇部鴻城vs市立呉【2016年秋の大会 第127回(平成28年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs創志学園【2016年秋の大会 第127回(平成28年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
嶋谷 将平(宇部鴻城) 【選手名鑑】
宇部鴻城 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー