第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編2016年11月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]しっかり振れ、中途半端なスイングはするな / 力みがスイングの弊害になっていたと気付く
[2]本数よりも価値ある1本が打てたことに満足

 こうして大学1年秋が終わって野手に転向した森山 恵佑選手。後編では大学球界を代表するスラッガーになるまでの過程を紹介していきます。

しっかり振れ、中途半端なスイングはするな

森山 恵佑選手(専修大学)

 森山の打者転向とほぼ時を同じにして、専修大の新しい指揮官になったのが、齋藤 正直監督だった(2014年2月就任)。秋田高出身の齋藤監督は専修大時代、1年春から四番を務め、ベストナインを2度受賞。左の強打者として、ドラフト前は10球団から打診を受けるも、社会人・川崎製鉄千葉(現JFE東日本)へ。ここでも活躍し、現役12年間で都市対抗には9度出場している。94年11月からは監督になり、在任4年間で都市対抗準優勝1回、4強2回。日本選手権での4強が1度ある。

「齋藤監督は選手としても指導者としても経験豊富で、打撃に関してもいろいろな知識を持っています。そういう方と、打者に転向したタイミングで出会えたのは大きかったですね。それこそ打撃のイロハから教えてもらいました。齋藤監督のおかげで、調子が悪い時の対処の方法など、どんどん僕の引き出しが増えてもいきました。とはいえ、齋藤監督の指導は一方通行ではないんです。

『言われたことだけをやるな。理解してからやれ。自分で考えてみて違うと思ったら、自分に合っているところだけを取り入れろ』と。齋藤監督からは『上を目指したいなら、ちょっと打ったくらいで満足するな』ということや、『小さくなるな。しっかり振れ。中途半端なスイングはするな』ということもよく言われました。これは他の選手に対してもそうですね。

『打の専修』とも言われますが、それは“齋藤監督の指導”という裏付けがあってのものだと思います。試合ではノビノビと打たせてくれましたね。3年生になって以降は、サインは出ていません。東都は勝てないと入れ替え戦が待っていることもあり、どの学校も細かい野球をしてくるんですが、チーム打撃を求められることもありませんでした。2年生の時に送りバントを3回しただけですね。もし齋藤監督でなければ、僕はドラフト指名されていたかどうか…」

力みがスイングの弊害になっていたと気付く

 野手に転向した森山は2年春より6番ライトでリーグ戦に出場し、そのシーズン、二部ながらいきなり打率.297をマークする。するとその秋は、リーグ2位の打率(.341)を残し、二部優勝に貢献。専修大は入れ替え戦にも勝ち、4季ぶりの一部復帰を決めた。

「木製バットにはわりとスムーズに、はじめから対応できました。でも、とらえたと思ったら、スライスがかかって失速したりと、なかなか飛距離が出ませんで…きれいなスピンがかかった打球を打つのには時間がかかりましたね。ですから、たまに打球がいった時は、その時の感覚を忘れないよう心がけました。ノートにもつけていましたね」

【次のページ】 本数よりも価値ある1本が打てたことに満足

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

森山 恵佑
森山 恵佑(もりやま・けいすけ)
  • ポジション:外野手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:188センチ90キロ
  • 出身校:星稜
【関連記事】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第562回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!2018年大阪桐蔭のようなチームを目指したい「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第560回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!神宮大会決勝戦敗退で見えたチームの甘さ「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第80回 『全国制覇』へ 影でチームを支えサポートしたい! 星稜マネージャー【頑張る!マネージャー】
第557回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!手探りの中で勝ち上がった秋季大会「山瀬 慎之介、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
森山 恵佑(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー