第454回 阪神タイガース 原口 文仁選手(帝京出身) 「大飛躍につながった打撃面のチェックポイント」2016年11月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年1年は想像以上の活躍!
[2]シンプルな打撃フォームは理想な打撃を求めているうちに行き着いた
[3]高校3年間はたくさん食べたことが一番の思い出

 決して苦手にしているわけではない。それでも徹底して突いてくるのがプロの世界。

「シーズン序盤と終盤では(相手の配球が)もう一気に変わりましたね。しつこいぐらいインコース攻められて、それをこっちも打たないとずっと来ると思ったんで、狙いに行ったらファールにもなるし。そこで落とされたり曲げられたりして、相手の術中にはまった感じでやっぱり落ちてきましたね。攻められてる、来るとわかっていても、ボール球まで手を出すんでしょうね。ストライクゾーンは何とか詰まってでも(野手の間に)落とせるという気持ちはあったんですけど、やっぱり良い当たりを打ちたいという欲が出て来て、良くない方向に行ったというのはありますね」

シンプルな打撃フォームは理想な打撃を求めているうちに行き着いた

原口 文仁選手(阪神タイガース)

 毎日のように試合がありコンディショニングが最優先されるシーズン中と違い、技術向上の練習に集中出来るのがこの秋である。金本 知憲監督も「若手は1番伸びる時期。一冬越した時に伸びてるかどうか。伸びる選手はこの時期に1番伸びる。どういう意識を持って秋季練習するかでホント変わってくる」と話し、原口自身も実りの秋になりそうですか?との問いかけには間髪入れず「もちろんです」と即答。さらなるレベルアップを誓い練習に励んでいる。

「今はバッティングのことが一番ですかね。それとトレーニングに重点を置いて。キャンプに入っていくまでに守備のこともやっていかないといけないんでね」

 フリーバッティング後には金本監督から技術的な指導を受けてもらっている原口選手の姿があった。そして打撃ゲージに入る前には、構えた位置からステップして一旦止まり、トップの位置を確認してから再び始動するというスイングを素振りでもティーバッティングでも繰り返していた。

 現在の原口選手のムダの無いシンプルな打撃フォーム、これは特に誰かを意識したわけではなく理想の打撃を追い求めるうちに自然と行き着いたという。調子のバロメーターは「ポップフライが上がり始めたら良くない傾向があるんで、切り始めたら良くないんで、それが出始めたら違うスイングをして一回修正して元の感覚で打つって感じですね」。

 チェックポイントは「軸で回ること。トップが深く懐を作れているかどうかとかですね。鏡を見てチェックしますね」と語る原口。まさに今、秋季練習で取り組んでいることだ。フリーバッティングでは何度も綺麗な弾道の打球をバックスクリーンに運んでいた。しかし、意外にも長打力アップのために有効な練習を尋ねると返答に詰まる。

「これは難しいですね。僕はそんな長打力がある方ではないと思っていたので・・・そんな意識して長打を打つという感じではなかったので・・・どんな練習をすればというのは難しいですけどでも、自分のスイングをどんなボールが来ても出来るようにというのは心掛けてやってますね。素振りの形をバッティング練習やティーバッティングにつなげるイメージですね」

【次のページ】 高校3年間はたくさん食べたことが一番の思い出

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

原口 文仁
原口 文仁(はらぐち・ふみひと)
  • 阪神タイガース
  • 経歴:帝京-阪神タイガース
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:182センチ86キロ
  • 生年月日:1992年3月3日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第776回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第784回 長く野球に携われる選手に!研究熱心で高い向上心を持つ清水昇(国学院大)【後編】 【2018年インタビュー】
第780回 戦国東都で最優秀防御率獲得!帝京高で学んだ高校時代 清水昇(国学院大)【前編】 【2018年インタビュー】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第698回 帝京・田中悠我の逆襲の夏!帝京魂で再び全国の舞台へ! 【2018年インタビュー】
第636回 田中 悠我(帝京) 「次こそ夢の聖地へ!」 【2018年インタビュー】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
原口 文仁(帝京) 【選手名鑑】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー