第449回 東海大学付属市原望洋高等学校 島 孝明投手「プロでは何事も継続できる投手でありたい」2016年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]何の根拠もなかったけど、150キロを投げられるものだと思っていた
[2]春で大ブレイク 防御率0.00で終えた夏
[3]目指すは低めに伸びるストレート

 今春の千葉県大会で153キロを記録し、一躍、ドラフト戦線に名乗りを挙げた島 孝明投手。東海大市原望洋ではどのように3年間を過ごしてきたのだろうか。

何の根拠もなかったけど、150キロを投げられるものだと思っていた

島 孝明投手(東海大学付属市原望洋高等学校)

 高校入学時から「何も根拠はなかったんですけれど、150キロは投げられるものだと思っていました」と話す島投手。彼が東海大市原望洋の門を叩いたのは、中学時代に所属していた佐倉シニアの監督から勧められたからだった。
「進路をどうしようかと悩んでいたんですが、その時に『東海大市原望洋は育成が上手だ』と聞いて、進学することを決めたんです」

 入部当初は環境の変化に戸惑った。
「シニアとは違って、毎日、練習があったのでキツかったです。練習は16時から18時半くらいまでなんですが、通学に1時間半かかるので、そちらも大変でした」

 そんな状況下でも、早くから頭角を現していた島投手は1年生ながら夏の甲子園出場を果たしたチームの一員としてベンチ入り。登板はなかったものの、大舞台の空気を味わった。また、球速はMAXで139キロを記録。ただ、これでも本人的には「球速は伸び悩んだ」のだという。そして、1年冬からウエイトトレーニングに取り組むこととなったのだが、「中学時代は走るだけで、ウエイトはやっていませんでした。高校1年の冬から本格的に始めることになったのですが、ウエイトは好きじゃなかったですし、当時はまだ効果があるのか半信半疑なところがありました」

 こうして中途半端な心境のまま、練習に打ち込めずに2年生になってしまうと、昨年はケガに悩まされることも多くなり、満足なシーズンを送ることができなかった。それでも2年秋には148キロまで球速は上がったが「ストレートはただ速いだけのボールでした」と振り返る。そして、2度目のオフシーズンを迎えたところで、ケガの予防も意識して積極的にウエイトトレーニングに取り組み始めた島投手。これが翌春の飛躍につながった。

「チーム全体でスクワットやベンチプレスをやっていたんですが、この時、ダンベルの方が鍛えたい部分を集中的に鍛えられるような感覚があったので、自分はバーベルよりもダンベルを使う事の方が多かったです。それで、背筋やハムストリングを中心に鍛えてトレーニングをしていました」

 また、2月頃に左足首を捻挫したことでトレーニングの比重はさらに高まった。
「1年の時は投げ込みもしたのですが、それもできなくなったので、とにかくウエイトと体幹トレーニングに励みました。体幹トレーニングでは足にボールを挟んで腹筋、背筋を100回。あと、体をねじった状態にして1分間キープするのを5セットとか、いろいろやっていました」

【次のページ】 春で大ブレイク 防御率0.00で終えた夏

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

島 孝明
島 孝明(しま・たかあき)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    島 孝明
【関連記事】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
習志野vs西武台千葉【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第58回 混戦状態から抜け出た木更津総合、専大松戸と東海大市原望洋【千葉・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第2回 千葉県は地区割の変更がどう影響するのか??【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第598回 【千葉県展望】今秋は木更津総合、習志野、専大松戸が一歩リード 初戦から好カード続出!【大会展望・総括コラム】
船橋北vs日大習志野(延長引き分け再試合)【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第513回 東海大市原望洋 金久保 優斗投手「先輩・島孝明に続け!成長したピッチングを甲子園でみせる!」 【2017年インタビュー】
木更津総合vs東海大市原望洋【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
東海大市原望洋vs日大習志野【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
千葉明徳vs横芝敬愛【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
第402回 東海大学付属市原望洋高等学校 島孝明選手「東日本最速右腕に浮上!」 【2016年インタビュー】
島 孝明(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
東海大市原望洋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー