第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】2016年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3つのスイングを使い分ける理由とは
[2]吉田 正尚流・トレーニング論
[3]バッティングは自分自身で作り上げるもの

 2015年のオリックスのドラ1で入団した吉田 正尚選手の独占インタビューの前編では、若き和製大砲のバッティング論に迫ってきたが、後編でも熱いトークはまだまだ続く!豪快なフルスイングから放たれる長打力を武器に、今シーズンは10本塁打を記録した。そんな吉田選手流のバッティング術とトレーニング論とは?

3つのスイングを使い分ける理由とは

吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)

――大変、興味深い話です。具体的に教えてください。

吉田:1つ目はピッチャーの投球ラインに沿ってバットを入れていく後ろの大きいイメージのスイング。これが自分のベースとなるスイングです。2つ目はトップからインパクトまでの距離を最短でとることを意識した、上から叩く大根切りのイメージのスイング。前でさばく必要のある高めのボールを処理する確率を上げたいときに使うスイングです。

 3つめは投球ラインよりも少し下からバットを入れていくスイング。ミートの確率が多少下がることを承知で、ホームランを打つ確率を上げたい時などに使います。

――カウントや試合状況、狙い球、相手投手のボールの特性などを踏まえた上で3パターンのスイングを使い分けているということですか。

吉田:そうです。追い込まれる前は少し下からバットを入れて長打を狙うけど、追い込まれたらラインに沿ってバットを入れていこうとか。このピッチャーは高めが速いから最短距離のイメージで処理していこうとか。常に『3パターンのどれを使おうか』という意識で打席に立ってますね。

――バットの出し方を使い分けている人って、他にも結構いるのでしょうか?

吉田:わからないです。でも自分は1パターンだけのスイングでは思うような結果が出ないという感覚があるので、常にスイングを使い分けることを意識しています。

――吉田選手のフォームはインパクト後の豪快なフォロースルーも大変印象的ですが、フォロースルーに関してはどのような意識を持っているのでしょうか。

吉田:実はフォロースルーをどうこうしようという意識はまったくないんです。フォロースルーはあくまでもスイングの結果。3つのスイングのどれを使ったか、どの高さ、どのコースのボールを打ったか、などの要素次第でフォローの形、収まり方は変わってくるので。

【次のページ】 吉田 正尚流・トレーニング論

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉田 正尚
吉田 正尚(よしだ・まさたか)
  • オリックス・バファローズ
  • 経歴:敦賀気比-青山学院大-オリックス・バファローズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長体重:173センチ80キロ
  • 生年月日:1993年7月15日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第39回 つなぐ気持ちが生んだサイクルヒット。チーム一の安打製造機は誰よりも謙虚だった 杉田翔太郎(敦賀気比)【101回大会特集】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第952回 優勝候補・智辯和歌山、試合巧者・明徳義塾が登場!大会3日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第37回 敦賀気比(福井)【2年連続9回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1012回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第1007回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第1006回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー