第438回 木更津総合高等学校  佐々木駿選手 「チャンスを掴める選手は毎日努力してきた選手」2016年10月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

佐々木駿選手
 

  チャンスは一瞬。そこで掴むか、つかめないかは普段の努力次第。今回の国体でそう感じさせる選手の出会いがあった。

 今回は現役の高校1年、2年生へ向けて「諦めなければアピールする舞台はもらえる」という意味を込めて、ある選手を取り上げたい。国体インタビューの第1回は木更津総合佐々木 駿選手である。小学校時代、藤平 尚真大澤 翔といった錚々たる顔ぶれの中で千葉ロッテジュニアを経験している選手である。佐々木はこの大会で並々ならぬ思いを持ってこの試合に臨んでいた。

大学で野球を続けたい思いで甲子園が終わっても真剣に投げ続けた

 4回裏から登板した佐々木。この世代、早川 隆久に加え、武田 大慶三石 和季などがいるが、佐々木が登板する機会は全くなかった。佐々木は、投手と野手をやりながら、1年から公式戦に出場しており、7番ライトとして出場していた。そして2年春にも選抜出場。ここまで順調なように思えるが、佐々木は肘を痛め、丸1年間投げられず、また体調を崩して離脱することが多かった。2年夏からはベンチ入り出来ない日々が続いて、かなり苦しい期間だったと振り返る。3年になり、投げられるようになり、投手としてアピール。夏では背番号12でベンチ入りを果たしたのであった。

 だが早川の存在もあって、佐々木の登板が巡る機会はなく、夏を終えた。不完全燃焼で終わった佐々木は、引退後も、練習を続けた。ほぼ現役と同じぐらい強度のある練習をこなした。五島卓道監督は、その姿を見ていた。
「現役が終わってからも練習に顔を出す3年生がいますが、何か解放感に満ちて、現役の時ほど真剣に練習をしていない。だけど佐々木は違った。自ら毎日、真剣に練習を取りんでいましたよ」

 なぜ真剣に取り組んで練習に取り組んでいたのか。佐々木自身、野球で進路が決まっていないというのがあった。まだ大学の硬式で野球を続けたい思いがあったのだ。その思いを五島監督はしっかりと汲み取っていた。「あの佐々木の姿を見て国体では絶対に登板させようと思っていました」

 北海戦の5回表、チャンスの時は来た。マウンドに登った佐々木の投球は圧巻の投球を見せた。左腕のグラブを突き上げ、真っ向から振り下ろすフォームから繰り出すストレートは常時135キロ~130キロ後半を計測し、ついに最速140キロに到達。今までスピードガンのある球場で投げたことがない佐々木にとっても驚きだったようだ。縦に落ちるスライダー、カーブのコンビネーションが決まり、早川相手に4回で6安打を打っていた北海打線が佐々木のストレートに振り遅れたり、差し込まれたり、変化球に対応できないなど、完全に沈黙した。佐々木は5イニングを投げて、四死球も出さない5回パーフェクトの投球を見せるのである。そして2安打を放ち、そのうちの1安打は9回裏。自身がサヨナラのきっかけを作り、サヨナラのホームを踏むのであった。この快投劇に、五島監督は「驚きでしたよ。本当によく投げてくれました」と笑顔で佐々木の好投をたたえていた。それでも佐々木は「まだまだ投げたいです」とアピールする機会が伺っている。

 実際に今日の佐々木の投球は、今まで大学でプレーした投手と比較しても十分に次のステージで勝負できる投球であった。半年後、彼はどこの大学で、プレーしているだろうか。今後の彼の歩みに注目をしていきたい。

(文=河嶋 宗一

関連記事 2016年国民体育大会特設応援サイト

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

佐々木駿
佐々木駿(ささき・しゅん)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:171センチ72キロ
  • ■選手名鑑
    佐々木 駿
【関連記事】
第972回 声だけでベンチに入った選手。比護涼真(現・関東学園大)から見える木更津総合の強さ【高校野球コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
佐々木 駿(香椎) 【選手名鑑】
佐々木 駿(木更津総合) 【選手名鑑】
佐々木 駿(白樺学園) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー