第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」 2016年09月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第11回 BFA U-18アジア選手権で2大会ぶりのアジア制覇を果たした侍ジャパンU-18代表。その代表のエースとして君臨したのが今井 達也だ。強豪・台湾相手に2試合登板。この2試合で今井が得たものとは何か。

2試合とも苦しい投球だったがそれでも試合を作る意識で投げた

今井達也(作新学院)

 台湾の舞台でも150キロ超の速球で圧倒する今井 達也を見たかったファンも多かっただろう。だが、甲子園の激闘の後、我々では想像できない疲労を抱えた今井は本来のボール投げられない。それでも逞しく、最後まで気持ちがぶれないエースらしい姿を見せてくれた。

 180センチ72キロと投手として細身でも、想像できないようなパワフルなストレートを投げ込むのが今井だが、今回は小器用な投球でパワーとスピードのある台湾打線に立ち向かっていった。

 常時135キロ~140キロ前半と好調時と比べれば、5キロ~10キロ前後遅い。だが今井は台湾打線が変化球に弱いとみて、スライダー、カットボール、カーブの割合を増やして打者を打ち取っていく。そして走者を出して、周りを見て落ち着かせ投球を展開。5回まで無失点に抑える姿は、甲子園優勝を導いたマウンド捌きの巧さが垣間見えた。今井は今大会についてこう振り返る。

「いつも良い状態で試合を迎えられるわけではありません。本当に苦しかったですが、それでもゲームを作ることができました」と振り返った。

 前回の台湾戦、今回の試合の出来について、今井自身、全く納得していない。だが苦しみながら力投を見せるエースの姿に、小枝守監督、リードする九鬼 隆平もこう称えた。

「ストライクゾーンに苦しむところはありました。それは相手も同じ条件。 調子の出来、不出来はともかくとして、それでも0点に抑えるところはエースとして立派だと思いました」(小枝監督)
「真っ直ぐはなかなかコントロールつかないところはありましたし、マウンドにも合わないところがありましたけど、彼なりに我慢強く投げてくれましたし、エースとしてよく踏ん張ってくれたと思います」(九鬼)

 甲子園で大きくなった今井。そしてこの大会でも不調でもピッチングを組み立てる巧さを身に付けた。こういう我慢強い投球がアジア制覇を呼び込んだといっても過言ではない。

 今後は身体が万全な状態で投げることが、一番。だがこういう我慢強い投球で試合を作った経験というのは今後、いつか生きてくるだろう。

 この夏の活躍は、昨夏、甲子園でベンチ入りを外れた悔しさがもととなっている。メダルは栃木大会甲子園。そして今大会3個目となった。
「去年の悔しさをバネにやってきたので、本当に良かったと思います」
この夏、かけがえのないものを手に入れたエース今井 達也。次の舞台では身体ともに万全にして、周囲を支配するピッチングを次のステージでも魅せることを期待したい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
【第11回 BFA U-18 アジア選手権特設サイト】
観戦レポート:【決勝】侍ジャパンU-18代表vs台湾代表
観戦レポート:【リーグ戦】侍ジャパンU-18代表vs台湾代表

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今井達也
今井達也(作新学院)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ72キロ
  • ■選手名鑑
    今井 達也
【関連記事】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第645回 伝統の男子に負けない高い意識と目標で全国制覇を果たす 作新学院女子硬式野球部【野球部訪問】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
秀岳館vs作新学院【第89回選抜高等学校野球大会】
作新学院vs中央学院【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
鳴門vs作新学院【2016年 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体2016】
本庄東vs上尾鷹の台・上尾橘・鳩山・熊谷農【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー