目次

[1]自らグローブのデザインを考案
[2]腕の振りに見える「気持ち」の強さ

 その選手の個性を知るには、愛用するグラブを見ることが近道になる。春日部共栄高校から2009年ドラフト1位でプロ入りした中村 勝投手。そのデザインに隠された個性、刺繍に込められた思い、そしてグラブに収められた高校野球の思い出。高校時代のグラブを眺めながら紡ぎ出された学びとは。

自らグラブのデザインを考案

中村 勝投手(北海道日本ハムファイターズ)

「長い時間練習をしたり、いつも帰宅が夜遅くなったり…学生特有の時間を過ごしたといいますか、本当の青春だったな、と思います」
自身の高校時代を振り返った中村 勝投手の第一声だ。目の前には高校時代に愛用していた黒いグラブ。きれいに手入れされ、型も全く崩れていない。試合専用として大切に扱った跡がくっきりと残っている。青春時代をともに過ごした相棒、もしくは戦友といえるグラブは、時間が経てば高校時代の自分に一瞬で立ち返らせてくれるスイッチになる。

 2009年ドラフト1位で、春日部共栄高(埼玉)から北海道日本ハムファイターズに入団。2010年のルーキーシーズン、8月11日の千葉ロッテマリーンズ戦で高卒新人投手初登板初先発初勝利。日本ハムの投手としては現テキサス・レンジャーズのダルビッシュ 有投手以来の快挙を成し遂げた。2012年には読売ジャイアンツとの日本シリーズ第4戦に登板。7回を無失点に抑える好投を見せ、対戦成績を五分に戻す勝利に貢献した。そして現在。プロ入り7年目を迎え、今後の飛躍がさらに期待されている注目株だ。

 そんな中村投手にとって、高校時代のグラブは「どうせ身につけるならかっこいいものにしたい」というこだわりの結晶だった。
「形もそうですし、見えない部分に自分の秘めている思いを乗せたり…手にはめてウキウキしてくるように、まずはかっこうから入りました。授業中にどういうデザインがいいか、落書きしながら考えていたものです(笑)」

 そのうち、「革の厚さがなじんで、柔らかすぎず、フィット感が抜群と感じた」ウイルソン製のグラブにいきつく。そこでかねてから思い描いていたグラブを作ってもらった。

「こだわりというほどではないんですけど…」と本人は言うが、傍から見ると十分こだわっているように見えるのがウェブだ。既存の型を使用したものでなく、中村投手が描いたオリジナルのデザインを「手断ち」と呼ばれるハンドメイド加工で再現。たしかに、入れられた切れ目には手作り感が漂っている。
「高校時代の後輩のピッチャーたちは僕の影響を受けて、同じウェブのグラブを作っていたような。当初は僕だけウェブを特注で作ってもらっていたのですが、それが珍しかったんでしょうか(笑)」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。