第410回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.3「名手・鈴木 大地を作り上げた中学時代の挫折」2016年05月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「上手くなったではなく、内野手になった」中学2年生の冬
[2]自主的に「見る目」を養う

 遊撃手といえば、野球界では花形のポジション。誰も追いつけないような打球を追いつき、アウトにするスピード、肩で魅了する遊撃手もいるが、これは一定レベル以上の身体能力を持って初めて実現できるプレーだ。千葉ロッテの鈴木 大地選手は自分にはそこまでの身体能力がないと割り切り、データから裏打ちされたポジショニングに磨きをかけ、グラブについても人一倍こだわり、堅実な守備を築き上げた。

 第3回では鈴木 大地選手を大きく成長させた中学時代の挫折について迫っていきます。

【これまでのインタビューは以下から】
■第1回:プロフェッショナルなショートの『目』
■第2回:守備を支える独自のグラブのこだわり

「上手くなったではなく、内野手になった」中学2年生の冬

鈴木 大地選手(千葉ロッテマリーンズ)

「数をこなさなければ覚えない」「実戦でしか学べないことはたくさんある」。これらの言葉は自身の経験に裏打ちされている。鈴木選手は桐蔭学園高校時代にショート、東洋大学時代にサード、ロッテではセカンドもやった。まさに内野のユーティリティープレイヤーだが、内野手としてのルーツはショートというポジションにあった。

「少年野球っていろんなポジションをするものですが、中学から静岡の裾野シニアで硬式野球をするようになった際、最初はずっと外野でした。それが上の代が引退して新チームになった中学2年生の夏、いきなりショートを任されることになりました。

 少年野球でやったことはあっても、硬式となるとボールの跳ね方も全然違ってきます。その結果、ぽろぽろエラーして。結構強いチームだったんですけど、秋の大会でパッと負けてしまった。その時監督に『歴代のショートの中でお前が一番下手だ』と言われて。中学生ですし、ショックでした。そして“じゃあ、やってやろう”と」

 当時の悔しさは今でも覚えているという。それから長い冬のトレーニング期間は「本当に練習をやりこんだ」。一人だけ一日守備の日もあった。もともと練習量が多いチームだったが、休憩時間返上で練習に明け暮れた。昼食時間の最後の5分だけでおにぎりを口に詰め込み、また仲間たちと練習に戻る。精神的にも辛かった。

 でも、自分を追い込んでいるのに上手くならないのはもっと嫌だった。中学生でそこまでストイックになれる選手も珍しいと思うが、基礎から技術まで一冬みっちり詰め込んで迎えた春には、ある程度の自信が芽生えたという。

「上手くなった、というより内野手になった、という感覚が得られた冬でした」と振り返る。その成長ぶりは、裾野シニアを訪れていたある高校のスカウトをも驚かせたという。後で聞いた笑い話だというが、前年秋に「裾野シニアのショートにしては下手だな」と鈴木選手を評価していたところ、一冬越えて春になって改めて見に行ったところ、すごく上手いショートがいて、「新しく違う選手がショートに入ったんだ」と別人に思われたとか。

 おそらく、屈辱的なエラーを何度もして、気の遠くなるようなほどノックを受けたはずだ。思春期だったことを考えれば、当時の経験はより色濃く自分の人生に刻み込まれる。だからプロの第一線で活躍する今も、当時得た教訓がまったく色褪せていない。

このページのトップへ

【次のページ】 自主的に「見る目」を養う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

鈴木 大地
鈴木 大地(すずき・だいち)
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 経歴:桐蔭学園-東洋大-千葉ロッテマリーンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:175センチ79キロ
  • 生年月日:1989年8月18日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第782回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第829回 神宮で大きな宿題をもらった森敬斗(桐蔭学園)課題を乗り越え、甲子園でもスーパー森を 【2018年インタビュー】
第777回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第3回 桐蔭学園高等学校(神奈川・関東地区代表)「神奈川2位から関東大会制覇!強い桐蔭学園を全国に見せつられるか?」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
第784回 長く野球に携われる選手に!研究熱心で高い向上心を持つ清水昇(国学院大)【後編】 【2018年インタビュー】
第780回 戦国東都で最優秀防御率獲得!帝京高で学んだ高校時代 清水昇(国学院大)【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー