第408回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.1「プロフェッショナルなショートの『目』」2016年05月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「柳田シフト」に見る鈴木選手の自己分析
[2]鈴木大地選手が目指すショート像とは?
[3]「元気」を保つ難しさは、ある

 2013年から3年連続でショートのリーグ最高守備率。チームでは入団3年目からキャプテン。誰もが認める千葉ロッテマリーンズの「顔」・鈴木 大地選手。しかし己の中には、周囲の声に惑わされない自分だけの評価基準があった。その目がとらえる視界には何が映っているのか。ルーツからグラブのこだわり、目指すべき選手像まで語ってもらった。

「柳田シフト」に見る鈴木選手の自己分析

鈴木 大地選手(千葉ロッテマリーンズ)

 2016年4月7日の対福岡ソフトバンク戦のことだった。1回裏ソフトバンクの攻撃。2アウトランナーなし。打席には3番柳田 悠岐選手関連記事。昨シーズントリプルスリーを達成し、リーグMVPに輝いたパ・リーグを代表する打者は、千葉ロッテマリーンズ先発・涌井 秀章投手が投じた初球のカーブをとらえる。打球は二遊間へ。誰もがセンター前ヒットを確信した刹那、あらかじめ二塁ベース付近にポジショニングしていたショートがさばいてアウトに。

「『そこにいたの!?』と思われる形でアウトを取れた時は、相手の一枚上をいった感覚が得られますし、自分の中では会心の守備だと思っています。ヒットだと思われた打球をアウトにできた、という点で」

 そう語るのは、この時ショートで絶妙なポジショニングをしていたロッテのショート・鈴木 大地選手である。4月20日のソフトバンク戦でも、同じポジショニングから柳田選手の二遊間を襲うヒット性の打球を2度処理。ロッテが採用する『柳田シフト』が話題になるきっかけを作った。

 3年連続でパ・リーグのショートの最高守備率を記録している。今シーズンはリーグ初本塁打を記録した後も連続でホームランを放つなど、バッティングも注目だが、数字を見てしまうと、どうしても「守備の人」というイメージが強くなる。

 しかし、本人は全く自覚していなかった。
「守備率に関してはよく言われますが、正直、守備率の数字は全く気にしていなくて。なぜなら、数字だけでは表せられない部分があるからです。自分には、数字では分からない大きな部分が欠けていると思っています。ヒット性の打球を捕ってアウトにできる率がもしあれば、ソフトバンクの今宮(健太)選手やオリックスの安達(了一)選手の方が高いはずです。

 僕には肩も足も守備範囲もない。もちろん努力はしていますけど、彼らと同じレベルに到達するのは難しいと思っています。ではどうやって対抗していくか。自分が捕球できる範囲内なら100%近い確率でアウトにするしかないんです」

このページのトップへ

【次のページ】 鈴木大地選手が目指すショート像とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

鈴木 大地
鈴木 大地(すずき・だいち)
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 経歴:桐蔭学園-東洋大-千葉ロッテマリーンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:175センチ79キロ
  • 生年月日:1989年8月18日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第5回 思い通りにならなかった桐蔭時代、それでも最後までやり抜いた経験が財産となる。プロを経験し経営者として活躍 株式会社GSL・小野剛社長(桐蔭学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第1046回 山田知輝(東洋大)「フライボールスラッガーは挫折をバネにプロの世界で花を咲かせる」【後編】 【2019年インタビュー】
第1045回 山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー