第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」2016年05月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]心技体ではなく、体心技の考え方
[2]オススメは交代浴?菅野投手の徹底したコンディション管理とは?
[3]指の力を鍛えるトレーニング法を伝授!

 プロ野球3・4月の月間MVPに選出された菅野 智之投手(読売ジャイアンツ)。4月までで、6試合に先発し3勝0敗。5月に入ってからも好調をキープ。今年でプロ入り4年目となるが、投手陣の柱として、安定した結果を残し続けている。今回はそんな菅野投手に、大会から逆算した投手の調整法について伺いました。

■菅野投手直伝 勝てる投手になるポイントを伺ったインタビューもあわせてチェック!

心技体ではなく、体心技の考え方

菅野 智之投手(読売ジャイアンツ)

――今回は、菅野投手の試合に向けた調整方法について教えていただきたいのですが、まずは菅野投手の考え方として、野球において何を一番に優先して、日々取り組んでいますか?

菅野 智之(以下「菅野」) 野球選手として求められるものは、メンタル・技術・コンディショニングとありますが、全部を求めてしまうと僕はダメだと考えています。よく『心・技・体』と言われますが、僕が考える優先順位は『体・心・技』だと考えています。自分が一番大事にしているのは、コンディショニング(体)。技術は、一番最後。

 体が良い状態であれば、メンタル(心)は大丈夫だと思えますし、技術は正直、キャンプ中からやってきたものがあるから、そこは経験で補ってもいける。ただ、それはプロの世界だから言えることであって、高校生はやっぱり投げないと不安だと思います。

 高校生向けの話ではないかもしれませんが、それでも、メンタル・技術・コンディショニングの全部は追い求めてほしくはないですね。高校生だからこそ、『体』(コンディショニング)の部分はしっかりと作り上げていってほしいです。

――高校生の場合は、夏場は特に連戦も続きますね。

菅野 確かに夏場の暑い中での連戦は大変ですが、試合が近づくにつれて練習量を落としていく。そうすることで、今度は『心』の部分は不安になると思いますが、一方で『体』が万全なら僕はそれでいいと思います。ピッチャーなんて毎日反復練習ばかりで、でもそれをやってきたことを自分で信じてあげて、試合に臨んでいってほしい。まずは、『体』(コンディショニング)を優先させた取り組みが大切です。

このページのトップへ

【次のページ】 オススメは交代浴?菅野投手の徹底したコンディション管理とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

菅野智之
菅野 智之(すがの・ともゆき)
  • 読売ジャイアンツ
  • 経歴:東海大相模-東海大-読売ジャイアンツ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:186センチ92キロ
  • 生年月日:1989年10月11日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー