第399回 育英高等学校 山本宵吾選手「和田毅のような出所の見難さで勝負!」2016年04月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

山本宵吾選手
 

 アイボリーのユニフォームが特徴の育英。今年、その名門校のエースを担うのが山本 宵吾投手だ。今回は勝てる投手としての要素をたっぷり詰まっており、さらに化ける予感をさせた山本投手に詳しく迫っていきたい。

去年から変則的な要素が進化

山本宵吾選手(育英)

 これほど早く実戦派に変貌するとは思わなかった。昨秋見た山本は、フォームの土台が良く、さらに上手く肉付けができれば、140キロ台も期待できる左腕と感じた。その印象は変わらないのだが、フォームがキレイなので、本格派左腕に成長するイメージがあった。だがこの春に見た山本はいわゆる技巧派。テイクバックの時、左肘を折りたたむようにして、トップにもっていく。横から見ると、山本の肘の関節の柔軟性に驚く。真後ろから見るとなかなか出所が見えない。球速は、130キロ前後なのだが、打者は差し込まれる当たりが多かった。その姿は和田毅(現・ソフトバンク)と思わせた。

 本来は135キロ以上の速球を投げられる投手だが、このフォーム、球速は出にくいので、130キロ前半に落ちる。それでも打者からすればタイミングが取りにくいのだ。さらに内外角にテンポよく投げ込むことができて、ストライク先行で投球を組み立てることができるので、リズムが良く、打者からすれば守りやすい。また110キロ前後のスライダー、100キロ台のカーブ、120キロ台のカットボールも曲り幅は小さいのだが、打者の手元ですっと曲りストライクゾーンに入るので、しっかりとストライクに入れることができる。

 クイックも1.1秒~1.2秒前後で、さらに牽制も上手い。投球の完成度は高校生としてはトップクラスなのだが、まだまだ山本は体ができてくれば、140キロ~140キロ中盤まで速くなっていく奥行きがあるのが魅力なのだ。

 左で130キロ台中盤を投げる投手は全国的に多くいる。だが、コントロールの良さ、テンポの良さ、牽制・クイック技術の高さ、変化球の精度の高さ、開きが遅いフォームを兼ね備えた左腕はそうはいないので、全国クラスの左腕といっていいだろう。

 東播磨戦では3安打完封勝利。これでも完成度というところは、まだ7割~8割程度。もっと手元でぐっとくるストレートは投げられるはずだろう。さらに腕を鋭く振れるようになれば、もっと勢いあるストレートを投げることができるだろう。
 いきなりストレートが速くなって、一気にクローズアップされるときが来るかもしれない。それは高校生の時にくるのか、それとも、次のステージに進んで実現するのか。いずれにしろ、今後の成長が見離せない一人である。

(文=河嶋 宗一

注目記事
【新入生特集】新高校球児のための入部ガイド

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

柴田迅
山本 宵吾(やまもと・しょうご)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
【関連記事】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第947回 【兵庫大会総括】明石商が圧巻の逆転V!公立校13校がベスト16入りと大躍進!【大会展望・総括コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!【大会展望・総括コラム】
明石商vs育英【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs育英【兵庫県 2015年秋の大会 平成27年度秋季兵庫県高校野球大会】
第156回 埼玉西武ライオンズ 栗山巧 選手(後編) 【2013年インタビュー】
第155回 埼玉西武ライオンズ 栗山巧 選手(前編) 【2013年インタビュー】
山本 宵吾(育英) 【選手名鑑】
育英 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー