第391回 福岡ソフトバンクホークス 柳田 悠岐選手「『フルスイング』の変遷」2016年04月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「打てる球を打つ」と「タイミング」を大学時代から変える / 「つまらせてすらせながら芯に持っていく」フルスイング
[2]フルスイングを志す「高校球児」のために

 広島商高から広島経済大を経て今季で福岡ソフトバンクホークス入団6年目。今や球界を越えた知名度を誇る柳田 悠岐外野手。昨年は打率3割6分3厘で初の首位打者、さらに34本塁打・32盗塁で東京ヤクルトスワローズ・山田 哲人二塁手関連記事と共に「トリプルスリー」を達成、リーグMVPにも2人で輝いた。「トリプルスリー」で流行語大賞も受賞した彼の代名詞はもちろん「フルスイング」。今回はその変遷とそこに秘められた初公開となる技術論を探っていく。

■柳田選手の高校時代の取り組みなどに迫ったインタビューは以下から
「柳田選手の基礎を作り上げた高校時代」
「目指すはトリプルスリー!」

「打てる球を打つ」と「タイミング」を大学時代から変える

柳田 悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)

「プロに入ってフルスイングをどのように変えてきたのか?」最初の質問に対し、柳田 悠岐の返答は一見、意外とも思えるものであった。
「スイング自体はあまり変わっていないような気がするんです。ただ、大学の時なんでもかんでも打ちにいっていましたが、プロはなんでもかんでも打ちにいったら打てないんで、打てる球を打ちにいって、それ以外は振らないようにしています。それだけですかね」

 ただ、広島経済大時代のプレーを見たことがある筆者にとっては、その発言は十分腑に落ちるものである。確かに大学時代は最初からフルスイングをすることで相手に脅威を与え、甘いコースに引き込んで仕留める。そんなタイプの打者だった。精度の高いNPBの投手に対する意識の変化。これが柳田 悠岐の現在を支えている。

 さらにもう1つ、福岡ソフトバンクホークス入団後に変えたものがある。「タイミングの取り方」だ。
「大学の時はすり足でバタバタとタイミングを取る感じだったんですが、ゆっくり自分の間を作ってタイミングを取るようになりました」

 その技術を高める練習法の1つが、ロングティーである。キャンプ期間中、練習試合後の人もまばらな宮崎アイビースタジアムにも柳田 悠岐の姿があった。

「つまらせてすらせながら芯に持っていく」フルスイング

 次々とバットから放たれる驚愕の弾道。が、よくロングティーを凝視するとそこには柳田選手ならではのいくつかのこだわりがある。方向は逆方向。そしてスイングの軌道は打席よりもより大きい。
「タイミングをゆったり取ることと、大きく身体を使うことを意識しています。小さくならないように大きくスイングもしています」

 さらにインパクトポイントにも小さなチェックポイントがある。「極端には意識はしていない」と注釈は付けながら、柳田選手はその秘密を話してくれた。
「芯よりも少しだけ根元側にして詰まらせた方が打球に角度が付くので、先よりはいいと思いますね」。確かに芯から気持ち根元でインパクトし、芯へすらしながら打つ打球は外野スタンドどころか場外へ消えていくものとなっていた。

このページのトップへ

【次のページ】 フルスイングを志す「高校球児」のために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

柳田 悠岐
柳田 悠岐(やなぎた・ゆうき)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 経歴:広島商― 広島経済大―福岡ソフトバンクホークス
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:188センチ93キロ
  • 生年月日:1988年10月9日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1033回 1位はフルスイングが光るスラッガーに!現役球児117名に聞いた好きな野手ランキング【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1279回 なぜ千賀滉大(蒲郡出身)は育成選手から超一流投手へ成長できたのか?思考法に迫る!【後編】 【2020年インタビュー】
第1278回 「自分の感覚を信じる」 パ・リーグ投手三冠の福岡ソフトバンク・千賀滉大(蒲郡出身)の調整法 【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 【12球団ドラフト指名予想】大きな穴はないものの何か物足りないソフトバンクは誰を1位指名する?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第249回 福岡ソフトバンクホークス 柳田 悠岐選手【後編】 「目指すはトリプルスリー!」 【2015年インタビュー】
第248回 福岡ソフトバンクホークス 柳田 悠岐選手【前編】 「柳田選手の基礎を作り上げた高校時代」 【2015年インタビュー】
広島商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー