目次

[1]最後の夏は勝って当たり前のプレッシャーがあった
[2]勝利を目指すなら、楽しさの中に厳しさを

 昨春、選抜優勝を果たした敦賀気比の前主将・篠原 涼選手へのインタビュー後編!前編ではどんな思いでレギュラーを目指したのか。そして2年夏の経験、また全国制覇を果たした選抜大会について振り返っていただきました。今回お届けするのは3年夏、U-18大会でのエピソード。また、より良い高校野球生活を送るために、熱いメッセージをいただきました。

最後の夏は勝って当たり前のプレッシャーがあった

篠原 涼選手(筑波大学)

 敦賀に戻れば、取材攻勢だった。
「毎日というわけではないですけど、大会後は常に取材があったかなと記憶しています。だんだん自分たちは優勝したんだなと実感し始めました」

 そうなると周囲の見る目は変わっていく。敦賀気比ナインに向けられたのは勝って当然という期待。それが選手たちにとっては重圧に変わっていた。当時のことを篠原はこう振り返る。
「勝って当然という見方でしたね。ただ勝つだけではなく、内容も求められる。そこに苦しさはありました」

 王者にしか分からない苦しみ。敦賀気比ナインはそれと向き合って夏へ向かっていったのだ。そして福井大会を勝ち抜き、3季連続甲子園出場を果たす。春夏連覇というプレッシャーは続いていたが、甲子園でのプレーは楽しかった。
「夏は本当にお客さんが凄く多かったので、そこでプレーすることは楽しかったですね」

 敦賀気比初戦の相手は明徳義塾。この日は第1試合早稲田実業が登場し、甲子園は満員札止め。そんな中、篠原はサヨナラ安打を放った。打った瞬間の歓声はすさまじいものがあった。
「打って、そして打球が抜けた瞬間、どわーっとものすごい歓声が聞こえてきて。甲子園で勝つことはこんなに気持ちが良いのかと実感させられる試合でした」

 そして迎えた2回戦花巻東戦。試合は序盤から劣勢だった。5回裏、0対4の4点ビハインドの場面で篠原はバックスクリーン横へ打ち込むホームランを放つ。これは篠原自体も驚きの一打だった。
「センターフライかなと思ったのですが、予想以上に打球が伸びていって、そのままスタンドインしていった当たりでした。バックスクリーン弾は今までも打ったことがないですね。これも入った瞬間の歓声が凄まじかったです」

 このホームランで1点差に迫った敦賀気比だったが、7回に1点、8回には3点を失い再び突き放されてしまう。もう後がない。最後の望みをファン全体が篠原に託していた。最終打席となった5打席目、甲子園で篠原コールが起きた。傍観者の立場からすれば身震いするようなシーンだが、当の篠原は打席に集中していて、「歓声は聞こえなかった」と振り返る。篠原コールに気付いたのは、あとで映像で見てからだった。篠原コールが起こった打席では凡打に終わり、「あんなに声援が送られていたことを知って、打てなくて悔しかったですね」と振り返る篠原。こうして最後の夏が終わった。「甲子園でプレーすることは本当に楽しいんですよ。だからもっとプレーしたかったですね」正直な気持ちを語った。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。