目次

[1]初めての工場訪問 / 伝わった誠意と熱意
[2]山口 俊のこだわりポイントとは
[3]恩返しのためにも好成績を!

 アレックス・ラミレス氏を新監督に迎え、スタートする横浜DeNAベイスターズ。ラミレス監督は開幕投手としてある投手の名前を候補に挙げた。その名は山口 俊。2005年秋にドラフト1位指名を受けると、2009年からクローザーに定着し、通算111セーブを上げ、そして先発に転向した2014年は8勝を挙げた。今年はエースとして期待がかけられる1年。そんな山口投手にグラブのこだわりを伺った。

初めての工場訪問

山口 俊選手(横浜DeNAベイスターズ)

「こんにちは! 山口です。今日はよろしくお願いします」
取材場所に指定された大阪市浪速区に位置するザナックス本社にスーツ姿で現れた横浜DeNAの山口 俊投手。人柄のよさを即座に確信してしまう丁重な挨拶。柔和なスマイルと気さくな対応が取材陣の緊張を一気に解きほぐす。

「今日はグラブの担当の方に勧められて、ザナックスさんのグラブ工場に行ってきたんですよ」
と山口投手。工場に足を運んだのは2012年にザナックスとアドバイザー契約を結んで以来、初めてのことだった。

「グラブを作ってくださっている職人の方々の顔を見ながら直接話ができたのはものすごく貴重な機会でした。自分の要望に応えようと、試行錯誤をしながら、手作りでひとつひとつのグラブを作っている現場を目のあたりにすることでザナックスさんへの感謝の思いと、道具を大切にしようという気持ちがあらためて強く湧き上がりました」

 ここで、長きにわたって山口投手のグラブを担当しているザナックス大阪本社ベースボール事業部・高嶋 健次さんに登場してもらった。
「山口投手の中に潜在的に眠っている要望がまだあるんじゃないかと思ったんです。実際に職人さん方と顔を見ながら話をすることで、その潜在的な要望を引き出せるかもしれないと思い、山口投手を工場見学に誘ってみました」

「足を運んだ甲斐はあった」と山口投手。まるで楽しい遠足から帰ってきた少年のような表情で続けた。
「職人の方々からも、いろんな案も出していただいて。『そんなことができるのか!』と思うこともありましたし、工場に行かなければきっと生まれなかったと思われる来季に向けての変更ポイントも生まれました。行ってよかったと心から思いました」

伝わった誠意と熱意

「僕が山口投手に猛アプローチをかけました。何年もグラウンドに通いながら、当社のグラブを持参し『ぜひともザナックスブランドを使ってほしい!』と」
ザナックスと山口投手が結び付くことになったきっかけを尋ねたところ、高嶋さんからはそんな熱いエピソードが返ってきた。

「通い始めて約3年が経った頃に具体的に打ち合わせをしてもらえるようになったんです。ザナックスは100年後まで語り継がれるブランドにしたいというビジョンがあるのですが、その歴史の中に山口 俊の名をぜひ入れたかったですし、それだけの器を備えた素晴らしい選手だと思っていた。2012年のシーズンから、正式にうちのグラブを使ってもらえることになったときはものすごく嬉しかったです」

 山口投手も続いた。
「当時、僕は他のメーカーのグラブを使用していたのですが、ザナックスさんのグラブに対しては『革がすごくいいグラブだなぁ』という印象を持っていました。ザナックスさんの誠意と熱意をものすごく感じましたし、僕自身、道具にこだわりたいという思いもあったので、自分の要望に全力で応えようとする姿勢が伝わってきたザナックスさんとはいい関係を築けそうな気がしたんです。

 大手メーカーと比べると、ブランドの知名度はまだ低かったけど、自分が使わせてもらうことで、有名ブランドにしていけたらという思いもあった。『よし、ザナックスさんにお世話になろう!』と。グラブを使用し始めてから2016年で5年目を迎えますが、その判断は大正解だったと思っています」

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。