目次

[1]ボールに合わせる作業は応用でしかない
[2]「外見」は自分の内面が最も出る部分
[3]衣:適切な場所に適切な恰好

 第1回では大谷 翔平投手が電話嫌いな理由や目標設定の仕方などを伺いましたが、それは大谷選手ならではの独特なものでした。第2回は速球の投げ方について語っていただきました。その内容はとても参考になるものでした。

大谷 翔平投手インタビュー【vol.1】はこちらから!

ボールに合わせる作業は応用でしかない

大谷 翔平投手(北海道日本ハムファイターズ)

 この取材前、練習を拝見させてもらった際そのキャッチボールの丁寧さが印象深かった。一球一球、時間をかけて投げ方を確認するようにボールを放る。ここにヒントがある、と個人的に感じていたが――実際は違った。

「僕はフォームチェックや素振りに重点を置いているので、ボールを使う作業に関して、大事にはしていますけど最重点ではありません。正しい投げ方をしていれば、正しいところにいくと考えていますので」

 ここからは投手だけでなく、野手の方も参考にしてもらいたい。

「バッティング練習などで球を打つと、来る球によってスイングが違ってきます。つまり、球にとらわれすぎてスイング自体に集中できない。さらに、いい打球が飛べばそれがいいスイングだとか、逆に不本意な打球だから打ち方が正しくないとか、そう判断しがちですけど、自分の中では違って。打球には、たまたまの部分もありますから。それより本当に“基本の基本”部分をしっかり見つめるには素振りの方がいいと考えています。打つにしろ投げるにしろ、ボールに合わせる作業は応用でしかないと思っているので」

 打者なら素振り、投手ならシャドーピッチングというのは誰でもやることだ。では、何千、何万という反復を経て実際に打席、マウンドに立った時、何人の人がその通りの形を反映できているだろうか。きっとどこかで、ボールに合わせていることが少なくないのではないだろうか。だから力みが生じたり、バランスが崩れたりする。当たり前だが、野球はボールを使う競技だ。だから、ボールに対応することが最も重要であることは間違いない。

 だが、大谷 翔平選手の発想は真逆といっていい。最も効率的な自分の投げ方、打ち方を徹底的に追い求め、その形を打席、マウンドにそのまま当てはめる。「自分をボールに合わせる」というより、「ボールを自分に合わせる」イメージだ。そんなに簡単にできることではないが、いかなる時も安定したスイング、フォームを維持するには納得の考え方といえる。

「僕のようになる必要はないですけど、誰でもいいので“この人のようになりたい”“こういう選手になろう”という目標やお手本があるだけで全然違ってくると思います。高校球児のみなさんには、ただ漠然と練習している人が多い中で、意味のある練習をしてほしいなと。それには目標なりお手本があった方がいいのではないかと、個人的には思います」

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。