第355回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【後編】「トレーニング後に、さらにやり切れるかが成功の分かれ目」2015年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]飛躍につながった思考の変化
[2]負荷の重いものすべてがパフォーマンスアップにつながるわけではない

 後編では清田選手から飛躍につながった思考の変化、トレーニングに取り組む上で大切な考えを教えていただきました。

飛躍につながった思考の変化

清田 育宏選手(千葉ロッテマリーンズ)

 その結果が、プロ入り6年目の今シーズンの活躍につながった。
結果を残すことができた要因をシーズンが終わって改めて振り返った時、1年間通してバテずに戦えたフィジカル。調子を落としてもすぐに切り替えることが出来たマインド。そして、もう1つ――

「僕の中では“考え方”が大きかったかなと思います。4月はあまり試合に出られていなかったんですけど、その4月の間に、ベンチから色々な選手のプレーを見たり、ビデオで自分の目標としている選手や良いなと思う選手の映像を見たり。
実際にバッティング練習の時間でも、インプットした情報を大切にして、色々と試しながら出来たのが、今年の成績につながったのかなと思います。

 今年は初めて自分の納得いく形でシーズンを終えることが出来たんですけど良かった分、来年は自分にもプレッシャーがかかると思いますし、やらなきゃいけないと思います。今シーズン以上の成績を残すのはもちろん、チームが勝てるようなバッティングも、守備も走塁も出来るような選手になりたいです」

 最後に、冬のトレーニングに打ち込む球児のみなさんに向けて、清田選手からメッセージをいただいた。

「僕は市立柏高時代は、あまりウエイトトレーニングをやってこなくて、ウエイトばかりやっても野球は上手くならないと思っているんですけど、やっぱり重たいものをガツガツやるよりは、まずは瞬発系の種目をやって身体のキレを出すというところを重点的にやるのが良いと思うんです。
というのも、ウエイトをいくらやっても体が大きくならない選手もいると思うので、そういう選手が、むやみに重たいものを持ってトレーニングをするとケガにもつながりますし、そこは選手それぞれ、取り組むトレーニングは違うかなと思うんです」

 また、清田選手が取り組んでいる上半身トレーニングは一部紹介したが、下半身のトレーニングについては、こう話す。

このページのトップへ

【次のページ】 負荷の重いものすべてがパフォーマンスアップにつながるわけではない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大谷翔平
清田 育宏(きよた・いくひろ)
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 経歴:市立柏-東洋大-NTT東日本-千葉ロッテマリーンズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ85キロ
  • 生年月日:1986年2月11日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第901回 【千葉総括】注目のシード校、夏は躍進に期待がかかるノーシード校を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第842回 春の千葉は一次予選から見逃せない!激戦が予想されるカードを徹底紹介!【前編】【大会展望・総括コラム】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第30回 「侍ジャパン大学代表候補」から学ぶ3つの心得【先輩から学べ】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第11回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【千葉ロッテマリーンズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
市立柏 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー