第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」2015年08月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「罪悪感」からの巻き返しへ / 投げ込みを「しなかった」高校時代と「してけがをした」社会人時代
[2]フォームを意識して「低め」を編み出す / 変化球からストレートへの意識。そしてアプローチの大事さ
[3]技術を支える食と休養で「全力で挑む」

 前半戦最終登板となった7月13日の千葉ロッテ戦では8回3分の2を投げ3失点(自責点2)。1936年の阪急ブレーブス創設以来1万試合目のメモリアルゲームで白星をもたらしたオリックス・バファローズのエース・金子千尋投手。昨年2度目の最多勝を獲得した右腕が現在の偽らざる心境と、ハイクオリティピッチングの変遷とベースを語る。

「罪悪感」からの巻き返しへ

金子千尋投手(オリックス・バファローズ)

「開幕から投げられなかった罪悪感、悔しさがあります。開幕3連敗で“チームの歯車”のようなものがずれてしまいました」

 前半戦を終えて最下位に終わってしまったチームを振り返る中、金子投手からまず出たのはこのような悔恨の言葉であった。昨年11月の右ひじ骨棘除去手術からの復帰に時間を要し、今季初登板は5月23日。

金子千尋投手(以下、「金子」) 今年に関しては、ひじの状態を最優先しています。去年までは、ローテーションの中で次の試合に向けて調整はしながら、一ヶ月後までを考えていました。でも、今は、先のことは考えられていません。

 マウンド上では淡々と投げ、口調も穏やか。だが、語られる言葉は極めて深刻だ。だからこそ、金子投手は後半戦の巻き返しに強い想いを抱いている。

金子 気持ちをしっかり切り替えて毎日毎日やるしかないですから。

 そこには確たる覚悟がある。

投げ込みを「しなかった」高校時代と「してけがをした」社会人時代

 そんな金子投手といえば、低めを外さない強いストレートと多彩な変化球が持ち味。ただ、高校時代(長野商)は「夏に向けて投げ込みをするという記憶はあまりない」と話す。では、どのように高校時代を過ごしていたのだろうか?

金子 監督(当時の長野商・山寺 昭徳監督)が僕に任せてくれていたので、週末に組まれている練習試合にしか投げていませんでした。当時は投げること、特にブルペンで投げることが好きではなかったので。また、野手としても試合に出ていたので、ピッチャーの練習以外の練習を普段やっていて、練習試合でピッチャーの練習をする感じでした。まさに「中六日」みたいな感じですね。
もちろん、ピッチング練習もしますが、これが僕の高校時代の当たり前でした。なので「投げすぎ」で肩を痛めるということはありませんでした。

 ただ、吉見 一起(現:中日ドラゴンズ)ら好投手が居並ぶ社会人野球の名門・トヨタ自動車では、さすがにマイペース調整というわけにはいかない。

金子 ピッチング練習もするようになり、体が追いついていませんでしたね。まわりにすごいピッチャーが沢山いたので、アピールしなければいけないという焦りから、投げ込みなどをして怪我が多くなりました。
高校時代に投げている数が少ないので、そういうことになりました。結果的にそれがあったから今の自分がいると思います。当時は思っていませんでしたが・・・・・・。

 ただ、球質のよさは折り紙つき。そこがオリックス・バファローズの目に留まった。かくして2004年・自由獲得枠でプロ入り。2006年・2007年は中継ぎで経験を積んだ。

注目記事
・【7月特集】真夏のコンディショニング特集
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」
・第97回全国高等学校野球選手権大会の情報はこちらから

このページのトップへ

【次のページ】 フォームを意識して「低め」を編み出す / 変化球からストレートへの意識。そしてアプローチの大事さ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
AIRと世界へ。

プロフィール

金子千尋
金子千尋(かねこ・ちひろ)
  • オリックス・バファローズ
  • 経歴:長野商高-トヨタ自動車-オリックス・バファローズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ77キロ
  • 生年月日:1983年11月8日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第87回 西浦 颯大(オリックス・バファローズ/右翼手) 「不完全燃焼」だった明徳義塾時代を糧に【高校野球コラム】
第968回 長野県秋季大会展望 北信越大会に出場するのはどこだ!【大会展望・総括コラム】
第935回 【長野大会総括】30年ぶり公立校決勝で飯山が初優勝!シード校が早々と散る波乱含みの大会に【大会展望・総括コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第899回 県内公式戦負けなしの上田西を止めるのは?長野県大会は序盤から激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
第318回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【後編】「T-岡田選手が球児に教える『野球の探求法』」 【2015年インタビュー】
第317回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【前編】「野球を学び、新たな自分を創る」 【2015年インタビュー】
第291回 横浜DeNAベイスターズ 荒波 翔選手 「チームにさらなる追い風を」 【2015年インタビュー】
第268回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.4】「現在の守備の土台となった高校時代のトレーニング」 【2015年インタビュー】
第267回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.3】「併殺の処理の仕方&コミュニケーションの重要性」 【2015年インタビュー】
長野商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー