目次

[1]各校の厳しいマークで打撃不振に
[2]個人の結果ではなく、チームの勝ちを最優先に

関東第一高等学校 オコエ 瑠偉選手【前編】はこちらから!

 今年の東京都で最も期待されるオコエ 瑠偉。前編では彼が成長するきっかけから2年夏までの軌跡を描いた。だが3年間、右肩上がりで成長曲線を描くとは限らない。オコエは昨秋、初めて苦悩を味わうことになる。

各校の厳しいマークで打撃不振に

オコエ瑠偉選手(関東第一高等学校)

 夏、絶好調のオコエが抱いた不安。その予感は的中してしまうことになる。
「オコエを抑えなければ甲子園の道はない」

 各校はそれぐらいオコエに対して警戒していたのだ。オコエは厳しい内角攻めに遭い、打撃の調子を崩していく。
「インコースにどんどん投げ込まれて、それを打とうとするあまり、フォームを崩していました」

 一つ苦手なコースを打とうとするあまり、フォームが崩れ、また外角も打てない状態になっていた。全く安打を打てなかったというわけではないが、オコエ曰く、安打にしたのも、全く感触がなく、秋の大会準決勝二松学舎大附戦では左腕・大江 竜聖インタビュー)から適時打を放つものの、「あれは完全に詰まっていて、コースが良かったので安打になっただけです。秋の大会、自分が捉えたと思った打球は一つもなかったと思います」と振り返るぐらい調子が悪かった。

 そして準決勝で敗れ、甲子園行きもなくなった冬。オコエは自分の課題と向き合った。内角を打てるようになるために米澤 貴光監督、佐久間コーチとともに打撃フォームの修正を図った。秋不調だったオコエを見て佐久間コーチは、

「なんでもかんでも打ちに行くとやっぱりドツボにはまるんですよね。私はインコースはファールにして、甘く入ったボールを叩くことができればいいじゃないかという話はしましたが、本人はなんとしてでも打ちたいという気持ちだったようですね(笑)」
とアドバイスをしたが、本人はインコースを打ち返そうとフォームの修正、振り込みに取り組んだ。

 そして更なるパワーアップへ、食事の量を増やし、また走り込み、ウエイトトレーニングも1年冬の時よりも増やして、さらに自分を追い込んでいった。そうしていくうちにオコエの肉体はかなり変わった。現在、183センチ85キロ。入学時は80キロを超えていたが、それは脂肪。75キロまで落として、そこから筋肉質の肉体に鍛え上げたオコエは、一冬越えて、さらに飛距離が増しているようだ。

注目3年生球児が挑む最後の夏
2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。