第300回 オリックス・バファローズ 安達 了一選手【前編】 「『つなぎ役』の流儀」2015年04月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プロ入り後の守備変化と「グラブを握らない」意識を
[2]「飛ばないイメージで」ステップする

 今季は重量打線を持ち味とするオリックス・バファローズ。その中で「2番・遊撃手」として渋いつなぎ役を果たしているのが、社会人の名門・東芝から入団4年目の安達 了一選手である。
そんな安達選手が悲願のリーグ優勝のために、自分の果たすべき役割をどのように考えているのか?つなぎ役の「流儀」が今、語られる。

プロ入り後の守備変化と「グラブを握らない」意識を

――実は安達選手が社会人・東芝時代に守備をしていた姿も見させて頂いたこともあるのですが、久しぶりに守備を見せて頂いて、オリックス・バファローズに入ってから様々なことを考え、変えてきたことを改めて感じました。そこでお聞きしたいのですが、安達選手はプロに入ってからどのように守備を考え、変えてきたのでしょうか?

安達 了一選手(オリックス・バファローズ)

安達 そうですね……。入団してすぐは(当時コーチだった)森脇監督、その後は(内野守備走塁コーチの)真喜志(康永)さんに朝から晩までボールを転がして頂いたり、ノックを打って頂いたり。そうやって数をこなす中で同じことを繰り返しアドバイスされ、その意味がだいぶ解るようになったので、モノになってきたと思います。

――捕球の仕方や投げ方も変化しました。特に捕球から送球までの時間が大きく短縮されていますが、そこにはどのようなアドバイスがあったのですか?

安達 とにかく「捕らないことには投げられない」ので、「捕ってから」は意識しています。

――と言いつつも、捕球から送球への持ち替えなどの短さは社会人時代と明らかに違います。

安達 自分ではそんなに意識したことはないのですが……。とにかく「捕ってから投げる」ですね。

――逆に「捕る」ことに気を遣うことによって、送球の安定性にもつながっている。

安達 それが一番だと思います。

――その捕球を支えるグラブについてですが、自分で気を遣っている部分はどこでしょうか?

安達 捕球の時に面を見せる。それだけを意識しています。

――グラブの大きさも平均サイズですか?

安達 それでも今年、少し大きくしたんですよ。

――大きくした理由は?

安達 自分でもこれまでが小さすぎる感じを受けていたので大きくしたんです。今はこれでちょうどいい大きさになった感じがありますね。

このページのトップへ

【次のページ】 「飛ばないイメージで」ステップする

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

安達了一
安達 了一(あだち・りょういち)
  • オリックス・バファローズ
  • 経歴:榛名高―上武大―東芝―オリックス・バファローズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:178センチ77キロ
  • 生年月日:1988年1月7日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第1050回 投手人生スタートは高校から。社会人屈指の速球派・宮川哲(東芝)が154キロ右腕になるまで【前編】 【2019年インタビュー】
第1051回 宮川哲の魅力は150キロ超えの速球だけではない。高速カーブなど変化球を投げるポイントを解説!【後編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第777回 控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝) 【2018年インタビュー】
榛名 【高校別データ】
榛名・富岡実 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー