第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」2015年03月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校時代、済美高校が全国の舞台で勝てるチームになった要因
[2]ライバルに刺激を受けて成長した大学時代
[3]プロ5年目に懸ける想い

 2004年の春のセンバツ甲子園では、初出場で初優勝を果たす。夏の大会でも準優勝。大学時代には、リーグ通算11勝3敗の成績を残す福井 優也投手。今回は、福井投手に高校、大学時代の取り組みや考え方、プロ5年目を迎えるシーズンに向けてのオフのトレーニングの内容を中心にお話をお聞きしました。

高校時代、済美高校が全国の舞台で勝てるチームになった要因

福井 優也投手(広島東洋カープ)

 華々しい活躍の裏には、厳しいトレーニングがあってこそだ。

「毎日、授業が終わってすぐにグラウンドに移動して、16時から21時まで練習でした。済美は何の練習をするのにも厳しかったですね。下肢のトレーニングでは、エルゴメーターとか、タイヤを引いてノックなども行っていました。特にキツかったのはノック。夏場でも2時間3時間やっていました」

 想像を絶するトレーニングが、済美高校の活躍を裏付けていた。この練習以外にも、ウエイトトレーニングも行っていた。オフシーズンだけでなく、シーズン中も本格的に取り組んでいたようだ。

 福井投手が甲子園で優勝した時、済美高校は創部3年目であった。そんな彼らが、全国の舞台で勝てるチームになれた要因を聞いてみた。

「(上甲)監督ですね。監督の手腕といいますか。練習では厳しいですけど、試合では選手を信じてくれるというか。監督は、選手をその気にさせるのが上手いんです」
済美高校を常勝チームにのしあげたのは、上甲監督と選手との信頼関係からだったようだ。

 春のセンバツ大会は優勝し、夏の大会では準優勝。世間は、済美高校の春夏連覇を期待していただろう。福井投手は、あの夏の大会の決勝戦をもう1度やり直したいと思うのか。

「あそこで勝って(甲子園春夏連覇して)いたら、今の僕が無かったかもしれないんで、負けて良かったのかなと思う。まあ、天狗になっていたと思いますよ(笑)」

 さらに甲子園での成績を振り返る。
「夏は防御率が良くなかった。センバツは(内容が)良かったですね。松坂(大輔)さん以来の2試合連続完封勝利をしたり。済美は打撃のチームだったので、それで優勝させてもたったと思います。僕も打ちましたけどね!」

 高校時代を振り返って、福井投手は高校野球をこう考える。
「高校時代には、無駄な練習が必要というか。何に必要なのかと思いながらやっていた練習も多かったですが、今はそれも何かに繋がっていたのかなと思います。高校生は理不尽な練習をやってこそだと思います。3年間と期間が短いんで、技術を教えるといっても教えられるものじゃない。気持ちだったり、精神力だったりが大事かなと思います」

このページのトップへ

【次のページ】 ライバルに刺激を受けて成長した大学時代

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石川歩
福井 優也(ふくい・ゆうや)
  • 広島東洋カープ
  • 経歴:済美高―早稲田大―広島東洋カープ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:178センチ80キロ
  • 生年月日:1988年2月8日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第970回 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った 道端晃大(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
第961回 知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を 中野波来(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
安樂智大(済美)
黒田博樹 世界を制する投球術
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
福井 優也(済美) 【選手名鑑】
済美 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー