第258回 奈良大学附属高等学校 坂口 大誠投手「抜群のコントロールを築き上げたプロセス」2015年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]天理、智弁学園を見返したいと思って入学した
[2]コントロールと伸びのあるストレートを投げられる秘訣
[3]みんなから信頼される投手へ

【奈良大学附属高等学校の野球部訪問もあわせてチェック!】
奈良大学附属高等学校【前編】
奈良大学附属高等学校【後編】

コントロールと伸びのあるストレートを投げられる秘訣

坂口 大誠投手(奈良大学附属高等学校)
平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦 鳥羽戦

 ここで坂口の魅力である球速表示以上に感じるストレートとコントロールの良さに迫っていきたい。坂口は勢いあるストレートを投げたいために、左足を高々と上げるフォームになった。このフォームは、エネルギーが大きい分、力強い速球を投げられる要因にもなる。だがバランスを崩しやすく、制球が乱れやすい。坂口はしっかりとバランスを保って制球が出来ている。そのコツとは何だろうか。

「とにかくキャッチボールの時から狙ったところに投げるってことは意識しています。小さい頃からずっとそれは意識してたんで勝手にコントロールは身についてるのかなと思っています」

 プロの投手もそうだが、キャッチボールを大事にしている。坂口も野球を始めたときから、狙ったところへ投げる意識でキャッチボールを積み重ねた結果、コントロール出来るようになっているのだろう。またキャッチボール以外では、3ヶ所バッティングでバッティングピッチャーを務めて、そこでコントロールを意識して内角、外角に狙って投げる練習を繰り返す。上原 浩治投手(2013年インタビュー【前編】【後編】)は打撃練習を務めてコントロールを磨いてきたが、コントロールを磨く過程は、上原と似ている。

 コントロールを磨き上げるうえで、フォームでチェックポイントにしていることは何だろうか。
「テイクバックの時の右腕の上がりですかね。スッと上がる時はいい球行くんですけど、遅れたりしたらコントロールが悪くなる。自分でしかわからないですけどそういうところはありますね。監督さんにも試合前に『今日はスッと上がってるぞ』とか言われたりするんでそこは意識してます」

 しっかりと自分のチェックポイントは持っているのだ。また坂口はプレートの三塁側に立つ。投手を始めた時から三塁側に立っているようだが、三塁側に立つ意図としては、右打者の外角、左打者の内角へ対角線に投げ込んでいきたい意図がある。打者にとって、対角線の軌道は打ち難いからだ。坂口はそのコースを自信にしている。

 ストレートで追い求めているのは、外で見ているよりも、バッターボックスに立った時の方が速く感じるストレート。そのために最後の指のかかりで一押しできるように心掛けているようだ。

このページのトップへ

【次のページ】 みんなから信頼される投手へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

坂口 大誠
坂口 大誠(さかぐち・たいせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ75キロ
  • ■選手名鑑
    坂口 大誠
【関連記事】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第521回 高校野球ドットコム座談会 「5季連続優勝の智辯学園に立ちはだかる実力校たち」【大会展望・総括コラム】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
敦賀気比vs奈良大附【第87回選抜高等学校野球大会】
立命館宇治vs奈良大附【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
奈良大附vs箕島【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
奈良大附vs鳥羽【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
坂口 大誠(奈良大附) 【選手名鑑】
奈良大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー