印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第237回 智辯学園高等学校 廣岡 大志選手 「強烈なプラス思考を持った廣岡 大志」 2015年01月04日

【目次】
[1]小坂将商監督が語る廣岡大志
[2]徹底してきた「低いライナー」を打つイメージ
[3]課題克服のために意識していること/今後の目標

 1年春からベンチ入り、1年秋では三塁手の座を獲得。岡本 和真が目立つ中で一際存在感を示していたのが、智辯学園廣岡 大志選手である。2015年度の高校生を代表する強打者に今年にかける想いを聞いた。

小坂将商監督が語る廣岡 大志

「こんにちは!今日は廣岡 大志の取材ですよね?」
奈良県五条市に位置する智辯学園の練習グラウンド。出迎えてくれたのは小坂 将商監督だ。

「廣岡の最初の印象ですか?体は細かったですけど、身長は既に180センチくらいあって、でかいなぁと。とにかくメンタルが強いんですよ。気持ちをしっかりと表に出していける選手だなと。この子がいる間の3年間は、チームは安泰。そう思わせてくれるような存在でした」

初回に本塁打を放った廣岡 大志選手(智辯学園高等学校)【2014年秋季奈良県大会 準決勝 天理戦】

 1年春からいきなりベンチ入りを果たし、秋には三塁の定位置を獲得した廣岡選手。小坂監督はチームの絶対的主砲であった岡本 和真(2014年ドラフトにて巨人より1位指名)2014年3月インタビュー2014年8月インタビューとはバッターとしてのタイプが異なることを廣岡に説き続けたという。

「岡本は高い放物線を描くようなホームランが持ち味ですが、廣岡の持ち味は、弾丸ライナーがそのままスタンドへ飛び込んでいくようなホームランが打てることです。彼には『岡本のような高い弾道を描こうとせず、低いライナーを打つことを徹底的に意識しなさい。そのほうが君の場合は打率が残るし、ヒットの延長で結果的にホームランも増える』と早い段階で伝えましたね。

 とにかく、練習でも試合でも『低いライナーを打て!』と言い続けていますし、時には『フライ打ったら即、代えるからな!』と言ったこともあります。絶対に彼の持ち味だけは殺したくなかった。トップの位置も深く、リストが強い。リーチも長いので外角のボールでも左中間に打ち返していける。岡本にはない良さを彼は持っているんです」

 プロというレベルを鑑みた場合、廣岡の課題はどのあたりにあると感じているのだろうか。

「左の肩が少し早く開いてしまい、少し外からかいてしまうようなドア気味のスイングになってしまう点でしょうか。これだと、社会人、プロのレベルの投手が投げるキレのあるカットボール系の外角のボールには対応できない。もう少し、右ヒジの位置を体に近づけ、インサイドからきちんと振り出していけるスイングにしていく必要はあるかなと感じています。守備面においても、新チームからはショートを守らせていますが、股関節の硬さを感じます。肩も強いし、ハンドリングもいいので、あとは下半身の柔軟性ですね」

 現在、高校通算本塁打は17本。小坂監督は「最終的には40本超えを狙ってほしい。大志なら十分可能な数字」とエールを送った。
「新チーム結成時に『プロを目指せ!』と彼には伝えました。身近な存在だった岡本がプロに指名されたことでよりプロへの現実味が出たんじゃないかと思う。高校生の間に、課題をできるだけ克服できるよう、手助けしてあげられたら、と思います」

このページのトップへ

【次のページ】 徹底してきた「低いライナー」を打つイメージ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

廣岡 大志(ひろおか・たいし)
廣岡 大志(ひろおか・たいし)
  • ポジション:三塁手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ76キロ
  • ■選手名鑑
    廣岡 大志
【関連記事】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 1996年世代の高卒スターに負けじと大学4年間で這い上がった大卒2年目(1996年世代)の逸材たち【高校野球コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第763回 すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 【2018年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯学園【2016年秋の大会 平成28年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神港学園【2015年秋の大会 平成27年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs天理【奈良県 2014年夏の大会 第96回選手権奈良大会】
智辯学園vs大和広陵【奈良県 2014年春の大会 平成26年度春季奈良県大会】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
廣岡 大志(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー