目次

【前編を読む】「フルスイングを築き上げた土台」

[1]しっかりボールに力が伝わってこそのフルスイング
[2]スイングする力はバットを振り込むことで培われる

 小笠原選手の代名詞である「フルスイング」。前編ではフルスイングが出来る土台作りについてお話をいただきました。後編ではフルスイングのポイント、振る力はどう鍛えるのかについて、メッセージをいただきました。

しっかりボールに力が伝わってこそのフルスイング

小笠原道大選手(中日ドラゴンズ)

――フルスイングは小笠原選手の代名詞でもあります。どうしたらフルスイングできるのか、ポイントを教えていただけますか?

小笠原道大選手(以下「小笠原」) とにかく量をたくさん振る、でしょうか。もちろん、やみくもに振ればいいのではなく、無茶振りするのがフルスイングではありません。そもそも、無茶振りしても当らないですしね。しっかりボールに力が加わってこそ、フルスイングになるんです。ブレないで全力で振り、振り終わっても崩れない。

 その繰り返しで量を振ることだと思います。それもスイングの始めから終わりまで全力で振るのではなく、インパクトの瞬間にMAXのスピードになるように、1本、1本、考えながら。こういう練習を重ねれば、バットを振るための筋力がついてくるので、スイングスピードが上がってきます。

 そして、頭が動かないなど、体がブレずに振れるようになれば、ミートの確率もアップするでしょうし、バットを振り切れるようになれば、打球も飛んでいく。言うまでもなく、体幹も強くしなければならないですし、フルスイングを支える下半身も粘り強くないといけません。

――フルスイングしたいのなら、打撃練習でもフルスイングをした方がいいですか?

小笠原 ええ。打撃練習でも小手先に頼ったような打ち方はしないでほしいですね。たとえ詰まっても、トップの位置から振り切る。打撃練習の時からフルスイングをして、フルスイングを継続していく心構えも要るでしょう。

――フルスイングしても体がブレていなければ、ヒットを打つ確率も上がりますか?

小笠原 それは基本的な部分で、ヒットを打つ確率を高めるためには、ボールをしっかり見ることも求められます。フルスイングしながらも、どれだけ長く見られるか。ボールを長く見られるということは、すなわち、タイミングが取れているということなので。

【1月特集】変身!パワー系球児

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。