目次

[1]体を進化させて臨むも結果が出なかった2年目
[2]フォークを覚えたことが3年目での飛躍につながる

 前編では、高校時代のエピソードを振り返った。ここからはプロ入り後の話が中心。1年目、ファームでは10試合に登板して、1勝も出来ず、大きくプロの壁を思い知らされた上沢投手。そこからどうやって立ち上がって、飛躍のきっかけを掴んだのだろうか。

【上沢 直之選手インタビューバックナンバー】
第89回 北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手
第240回 北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手【前編】

体を進化させて臨むも結果が出なかった2年目

北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手

 プロ入り1年目、上沢投手は「プロのカベを思い知らされた」という。

「高校時代は通用していたコースに投げても、通用していたボールを投げても、打たれてしまうんです。はじめは、たまたまかと思ってたんですが(苦笑)、そうではなく必然だったんです。特に打たれたのがストレートですね。コースが甘くなくても打たれましたから」

 その原因が、体の強さが足りないことにあると悟った上沢投手は、走り込みとウエイトで体を強化する。特に腹筋を徹底的に鍛えたというが、高校時代は、ウエイトをやったことはなかった。

「まだ身長が伸びていたこともあり、持丸監督から『今やらなくても上でやれば十分に間に合う』と言われていたんです」。そのため「ウエイトに慣れるまではかなりきつかった」そうだが「成長期が終わってからウエイトを始めたのは、僕にとっては正解だったと思います」

 プロ仕様の体になった上沢投手は2年目、2軍でローテーション入りを果たす。上沢投手は、「体も鍛えましたし、ある程度やれると思ってました」

 だが、結果は思い描いたものには遠かった。
「実戦の機会が増えた中、どうすれば抑えられるかわかってきたんですが、まだまだ抑え切れない試合が多かったのです。意気込んでいただけに、2年目の方が悔しかったですね」

 この2年目、上沢投手は代役ではあったものの、フレッシュオールスターで先発する。
二番手の予定が、予告先発の森 雄大(東北楽天)にアクシデントがあり、急きょ先発になったのだ。重圧を感じてもおかしくないところだが、「自分は運がいいと思いました」

 こうした前向きさもプロで生き残っていくために必要な部分なのかもしれない。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。