第7回 第96回選手権大会 輝きを見せた球児たち2014年07月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 高橋光成、安楽智大、小島和哉の夏が終わる
[2] 甲子園で注目してほしい投手・野手たち
[3] 敗れたものの、キラリと光った逸材
[4] 地方大会終盤戦を迎える逸材たち

高橋光成、安楽智大、小島和哉の夏が終わる



左から安楽智大(済美)・高橋光成(前橋育英)・小島和哉(浦和学院)

 まず、この3人には触れなければならないだろう。

 今の3年生の代がスタートした時、髙橋 光成前橋育英)、安樂 智大済美)、小島 和哉浦和学院)の3人はこの代の中心になると見られていた。
高橋光は夏の甲子園優勝投手、安楽は選抜準優勝投手になり、そして高校生最速の157キロ、小島は選抜優勝投手。2年生ながら快挙を達成したのだ。実績から見れば、最終学年ではこの3人が中心になるだろうと期待したくなるもの。

 だが選手の成長は右肩上がりに伸びていくものではない。何度か下がったり、上がったりを繰り返しながら、成長するものである。
ラストシーズンはこの3人にとってはやや下り坂だったが、彼らの能力から考えれば、将来性抜群な逸材であることは間違いない。

 安樂は選抜にかけて投げ続けた後遺症もあり、秋は右ひじを痛め、ノースロー。春に復帰し、140キロ後半まで計測するようになったが、最後は150キロを計測することもなく、夏を終えた。ただ150キロを出さないで、物足りないといわれる投手は安樂しかいない。ぜひしっかりと身体ともに万全にして、プロの舞台に臨んでほしい。

 高橋光も、秋以降は本来の投球が出来ていなかった。秋季大会敗戦後の国体でも140キロそこそこ。今年にかけて、145キロまで計測するまで取り戻したものの、甲子園で魅せた卓越したマウンド捌き、投球術までは戻らなかった。
ただ高橋光は大きな怪我はない。速球、変化球の使い分けは上手い投手だけに、NPBの舞台で、しっかりと実力を磨けば、いずれはローテーション投手に育つことが期待できるだろう。

 小島は安楽、高橋光のように、速球ではなく、制球力、投球術の巧さで魅せた左腕だった。
優勝時は常時135キロ前後、スライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーションで、打者を封じる投球術は高校生離れしたものがあった。だが昨夏の甲子園初戦敗退を喫し、県大会敗退、春は関東大会出場を果たすものの、は3回戦で敗退し、甲子園出場はならなかった。この時は球速は140キロ前半まで計測するようになったが、投球の繊細さを欠いてしまった。
小島も大きな怪我はなく、投球において意識は高い投手なので、しっかりと投球術、制球力を磨いていければ、次のステージでは実戦派左腕として活躍する可能性は秘めている。プロか、アマチュアか。どちらを選択するかは分からないが、楽しみな逸材であることは変わりない。

 3人にとっては悔しい夏だったに違いない。だが苦しんだ分、次の野球人生で活きることを大いに期待したい。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 甲子園で注目してほしい投手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1016回 機動破壊から投手王国へ 健大高崎の投手育成改革【野球部訪問】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1095回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「信念を貫いた結果が社会人野球の舞台で開花する」vol.3 【2020年インタビュー】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
青島 凌也(東海大相模) 【選手名鑑】
浅間 大基(横浜) 【選手名鑑】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
飯塚 悟史(日本文理) 【選手名鑑】
石川 直也(山形中央) 【選手名鑑】
岩下 大輝(星稜) 【選手名鑑】
大井 友登(東邦) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
小島 和哉(浦和学院) 【選手名鑑】
小野 郁(西日本短大附) 【選手名鑑】
香月 一也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
河端 優馬(高岡商) 【選手名鑑】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
木原 智史(鹿屋中央) 【選手名鑑】
木村 聡司(常葉橘) 【選手名鑑】
佐藤 雄偉知(東海大相模) 【選手名鑑】
佐野 皓大(大分) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
正随 優弥(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
菅野 赳門(向上) 【選手名鑑】
鈴木 優(都立雪谷) 【選手名鑑】
鈴木 将平(東海大望洋) 【選手名鑑】
鈴木 将平(静岡) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 裕也(向上) 【選手名鑑】
高濱 祐仁(横浜) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
多田 大輔(鳴門渦潮) 【選手名鑑】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】
田中 空良(豊川) 【選手名鑑】
手塚 渓登(横浜隼人) 【選手名鑑】
豊田 寛(東海大相模) 【選手名鑑】
中泉 圭祐(日大三島) 【選手名鑑】
長倉 蓮(東海大相模) 【選手名鑑】
永谷 暢章(履正社) 【選手名鑑】
八田 夏(履正社) 【選手名鑑】
古沢 勝吾(九州国際大付) 【選手名鑑】
北條 裕之(八戸学院光星) 【選手名鑑】
塹江 敦哉(高松北) 【選手名鑑】
松田 知希(鳴門渦潮) 【選手名鑑】
松本 裕樹(盛岡大附) 【選手名鑑】
峯本 匠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
宗 佑磨(横浜隼人) 【選手名鑑】
森田 駿哉(富山商) 【選手名鑑】
守屋 元気(春日部共栄) 【選手名鑑】
山川 晃司(福岡工大城東) 【選手名鑑】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
脇本 直人(健大高崎) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー