第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!!2014年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 順当に勝ち進んできた第1シードの4校!
[2] 法政二、相洋、桐光学園も虎視眈々と甲子園出場を狙う
[3] 横浜隼人、厚木など健闘を見せるノーシードの強豪たち
[4] 5回戦の見どころ

横浜隼人、厚木など健闘を見せるノーシードの強豪たち

 ノーシードでも健闘した学校は数多い。

 その中で、試合ごとに注目度が上がっているのは横浜隼人である。
1回戦では、横浜商大高と対戦。お互い甲子園出場を経験したチームで、神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場は内野席、外野席まで埋まり、1回戦とは思えない観客を動員。ハイレベルな戦いを見せた。
試合は横浜隼人がサヨナラ勝ちを決めた。雰囲気は初出場した2009年を思い出すといわれるが、どんな結果を起こすのだろうか。

 そして厚木はノーシードながら強豪・日大藤沢を破り、相模原中等教育に8対7の接戦を制するなど、ここまで苦しい戦いをモノにしているのが強みだ。ウリは4試合で47得点を奪った攻撃力。5回戦でも同様の打撃を見せることが出来るか。

 橘学苑はエース尾崎 祥莞(3年)を中心とした守り勝つ野球で、シード校のを破り、ベスト16まで駒を進めた。

 また躍進が期待されたシード校・鶴嶺を破った横浜清陵の戦いぶりも見逃せない。

 昨夏準優勝ながらノーシードでスタートした平塚学園小野寺 敦也(3年)、吉成 廉(3年)、高田 孝一(1年)と投手力の層の厚さは、昨夏準優勝以上。堅実な守備、つなぐ打撃で確実に点を取り、守りきる守備力で、実力は昨年と大きな差はない。ノーシードながらベスト8、ベスト4以上が見込めるチームになるだろう。

 藤沢翔陵は県内でも実力ある公立校・相模原総合を下し、ベスト16。 大島 サミーウッラミル(2年)が好投し、つなぐ打撃で着実に点を重ね、勝ち進んだ。投打ともにまとまりのある好チームだ。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 5回戦の見どころ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
厚木 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
相模原青陵・厚木西・神奈川総合産 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
相模原中等教育 【高校別データ】
相洋 【高校別データ】
立花学園 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
藤沢翔陵 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
大和東・相模原中等教育 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー