第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!!2014年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 順当に勝ち進んできた第1シードの4校!
[2] 法政二、相洋、桐光学園も虎視眈々と甲子園出場を狙う
[3] 横浜隼人、厚木など健闘を見せるノーシードの強豪たち
[4] 5回戦の見どころ

法政二、相洋、桐光学園も虎視眈々と甲子園出場を狙う

 他のシード校も順当に勝ち進んでいる。相洋はすべて完封勝利。特に2年生左腕・齊藤 航汰の成長が著しく、投球に期待が集まる。
桐光学園武 拓人(3年)、重村 健太(3年)と下級生の時から公式戦を経験している好打者が中心となって、打線を形成している。投げてはエース山田 将士(3年)が投打で引っ張る。まだ新1年生の活躍も見逃せない。捕手として出場している大坪 亮介(1年)は昨年、U-15日本代表入りした逸材。早速ベンチ入りし、上級生投手をうまくリードしている。
中川 颯(1年)は右下手投げの投手で、2試合登板でともに好投。本格派が多かった桐光学園にとって異色の存在で、注目される存在となるだろう。

 法政二河野 太一郎(3年)、仲島 大雅(2年)の二枚看板は強力で、打線も上位下位に切れ目のない打線が特徴で、投打とも総合力が高いチームだ。
横浜創学館は左腕・福田 俊(3年)、140キロ右腕・海老塚 耕作(3年)の2枚看板に、打線は北村 航太(3年)を中心とした打線の破壊力は脅威的。

 第3シードの立花学園は2回戦の鎌倉学園戦では7対6と延長戦を制し、3回戦でも足柄に3対2と接戦をものにし、4回戦の山北では10対3でコールド勝ちを決めた。
投手陣は継投策で勝ち上がり、打線は4番越田 拓也(2年)が毎試合打点を決めている。勝負強さを持った選手がいるのが強みである。

 また川崎北を強豪校に育てあげた佐相監督率いる相模原も、三浦学苑に2対0で勝利するなど、地力のあるチーム。相模原も、強豪校を脅かす学校に成長しつつある。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 横浜隼人、厚木など健闘を見せるノーシードの強豪たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
厚木 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
相模原青陵・厚木西・神奈川総合産 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
相模原中等教育 【高校別データ】
相洋 【高校別データ】
立花学園 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
藤沢翔陵 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
大和東・相模原中等教育 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー