第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」2014年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 前編では、大塚コーチが、アマチュア、プロでバッテリーを組んだ捕手を中心に話を進めていきました。後編では、MLB時代のエピソードを交えながら、バッテリーの醍醐味を語っていただきます。

【目次】
[1]どこでも、誰に対しても、自分の考えをしっかり伝える
[2]ピンチの場面を想定して、準備しておくのも投手の仕事

【中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチインタビュー前編 「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」はこちら!】
【信濃グランセローズ時代の大塚 晶文監督インタビュー(2014年02月27日公開)はこちら!】

どこでも、誰に対しても、自分の考えをしっかり伝える

中日ドラゴンズ 大塚晶文コーチ

 大塚コーチは04年から4シーズン、パドレスとレンジャーズで、メジャーの舞台を経験した。初登板の試合では、こんなエピソードがあったという。
「04年のドジャースとの開幕戦のことです。僕は同点の8回に、リリーフとしてメジャー初登板。その回は抑えたのですが、次の9回、ピンチの場面でロビン・ベンチュラを迎えました」

 現在ホワイトソックスの監督を務めるベンチュラは、この04年に引退するまでメジャー通算294本塁打をマークした強打者である。

「すると、捕手のラモン・ヘルナンデスが、やたらフォークを投げさせたがるのです。フォークも僕の持ち球ですが、得意球かというと、そうではない。でもヘルナンデスは(99年から03年まで在籍した)アスレティックスでは3年間、正捕手だった男ですからね。ベンチュラはフォークが苦手と知ってのサインかと信じました。そしたら、サヨナラヒットを打たれてしまって…」

 試合後、大塚コーチは通訳を介し、ヘルナンデスに「俺の決め球はスライダーなんだ」と伝える。すると「あれはフォークじゃないのか?」という返事が返ってきた。

「僕は1年目のスプリングトレーニングのゲームの際は、6回か7回に投げてました。 レギュラー陣はだいたい5回くらいで退くので、正捕手のヘルナンデスは、僕の球を受ける機会がなかった。2番手や3番手、あるいはマイナーの捕手に受けてもらっていたので。それで僕の決め球がわからなかったことと、あとは、シート打撃でヘルナンデスと対戦し、たまたまフォークで空振りをとった時にびっくりした顔をしていたので、それが印象に残っていたのでしょう」

 大塚コーチが「いや、あれはスライダーなんだ。タテの」と続けると、ヘルナンデスは「ごめん、ごめん」とようやく理解を示し、「次の日から、ここ一番ではスライダーのサインを出してくれるようになりました」
大塚コーチはそこから15試合連続無失点。この年リーグ最多の34ホールドも記録した。

「メジャーでは、言葉が通じない中、はじめは捕手とのコミュニケーションでも苦労しましたが、どこに行っても、自分の考えをしっかり伝えるのは大事と学びました」

このページのトップへ

チーム内 コミュニケーション術

【次のページ】 ピンチの場面を想定して、準備しておくのも投手の仕事

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大塚 晶文(おおつか・あきふみ)
大塚 晶文(おおつか・あきのり)
  • 所属:横芝敬愛-東海大学-日本通運-近鉄ドラゴンズ(1997年-2002年)-中日ドラゴンズ(2003年)-サンディエゴ・パドレス(2004年-2005年)-テキサス・レンジャーズ (2006年-2007年)-信濃グランセローズ (2013年- 2014年)-中日ドラゴンズ投手コーチ(2015年-)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ/95キロ
  • 1972年1月13日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第622回 キーワードは「配球を読む力」 東海大福岡(福岡)に今なお息づく原貢氏の野球観【前編】【野球部訪問】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー