印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第229回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 後編「意思疎通のスタートはキャッチボールから」2014年12月18日

【前編を読む】大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」

【目次】
[1]息が合ったきっかけは冬のブルペン投球
[2]意思疎通のスタートはキャッチボールから!
[3]2人の今後の抱負

意思疎通のスタートはキャッチボールから!

岡本和真選手(智辯学園)と言葉をかわす立田将太選手(大和広陵)【平成26年度春季奈良県大会 準決勝】

――今年の奈良大会の準決勝で、県内のライバルだった智辯学園の主砲の岡本 和真選手(読売ジャイアンツドラフト1位)を打席に迎えても果敢にインコースを攻めてましたものね。

立田 「攻める!」が合言葉でしたね。

向谷 そうやね。

――逃げない投球でした。

立田 変化球は見せ球にして、あくまでも勝負はインコースの真っすぐで。

――あれだけの強打者。サインを出していて怖さはなかったですか?

向谷 いえ、きちんと立田本来のボールが来たらそうそう打たれないだろうと。コントロールがよく、失投がほとんどないので、結構安心してインコースを攻めていました。

――読者の球児たちにバッテリーのコミュニケーション力を上げるためのアドバイスをいただけないでしょうか。

立田 やはりある程度数をこなす必要はあると思います。そういう意味ではキャッチボールの段階からずっと一緒にペアを組むことは大事ですね。

向谷 キャッチボールの段階から「あれ?今日はやたらシュート回転するな。昨日よりも体がちょっと早く開いてるからだな。ここはあとで伝えよう」とか、「こういうフォームの時は、こういう球筋になるのか」といった具合に、ちょっとした変化も気づけるようになっていくし、新たな発見も生まれる。キャッチボールからペアを組むことは、コミュニケーション力を上げていくための絶対条件だと思いますね。

立田 そして日々接する中で、言いたいこと、感じたことがあれば、きちんと相手に伝える。

向谷 ぶつかることを恐れず、正直に言い合うことですね。

立田 息を合わせる練習方法としては、さっき話したブルペンでサインを出し合いながら、意見をその都度交換するやり方はお薦めです。

チーム内 コミュニケーション術

このページのトップへ

【次のページ】 2人の今後の抱負

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

立田 将太
立田 将太(たつた・しょうた)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    立田 将太
  • 上記データは掲載時のものとなります。

プロフィール

立田 将太
向谷 拓巳(むかいだに・たくみ)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:168センチ59キロ
  • ■選手名鑑
    向谷 拓巳
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第74回 天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第50回 県立大和広陵高等学校(奈良)【冬が僕らを強くする2017】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
第13回 紫と朱、天理と智辯学園の宗教校のライバル対決構図は続く(奈良県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第228回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」 【2014年インタビュー】
第7回 第96回選手権大会 輝きを見せた球児たち 【2014年選手権大会】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】
向谷 拓巳(大和広陵) 【選手名鑑】
大和広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー