印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第229回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 後編「意思疎通のスタートはキャッチボールから」2014年12月18日

【前編を読む】大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」

【目次】
[1]息が合ったきっかけは冬のブルペン投球
[2]意思疎通のスタートはキャッチボールから!
[3]2人の今後の抱負

2人の今後の抱負


左から立田将太投手 向谷拓巳捕手(大和広陵)

――最後に今後の抱負をお聞かせください。

立田 日本ハムに6位で指名され、念願のプロの世界に飛び込む夢は叶いましたが、今の自分ではプロで通用する技術には達していない。一年目はまずしっかりとプロの体を作り、ケガをしない土台をしっかりと備えながら、一軍で通用する技術をしっかり磨いていきたいと思います。

向谷 ぼくは独立リーグの兵庫ブルーサンダースで野球を続けながら、プロへの夢を追い続けます。今の段階ではキャッチャーではなく、内野を守る可能性が高いのですが、いずれ、立田と同じ世界で戦えるように頑張っていきたいと思います。

立田 ぜひ同じ世界でやりたいですね。

向谷 自分がボールを受けていたピッチャーがプロにいくなんてなかなかできない経験。彼には早く一軍に上がってほしいし、自分もプロで通用する力をしっかりとつけたいと思います。

――今日はありがとうございました。今後のお二人の活躍を楽しみにしています!

 プロ注目投手の立田投手の推薦により、スタートした立田×向谷のバッテリー。なかなか息が合わない時期があっても、2人は投球練習で自分の意見を伝えながら、距離を縮めていきました。大学以上のステージは自己主張をはっきりしなければ生き残れない世界。試行錯誤をしながら、コミュニケーションを深めていった2人の取り組みは大きな経験になるでしょう。

(インタビュー・服部 健太郎)

チーム内 コミュニケーション術

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

立田 将太
立田 将太(たつた・しょうた)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    立田 将太
  • 上記データは掲載時のものとなります。

プロフィール

立田 将太
向谷 拓巳(むかいだに・たくみ)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:168センチ59キロ
  • ■選手名鑑
    向谷 拓巳
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第74回 天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第50回 県立大和広陵高等学校(奈良)【冬が僕らを強くする2017】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
第13回 紫と朱、天理と智辯学園の宗教校のライバル対決構図は続く(奈良県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第228回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」 【2014年インタビュー】
第7回 第96回選手権大会 輝きを見せた球児たち 【2014年選手権大会】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】
向谷 拓巳(大和広陵) 【選手名鑑】
大和広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー