印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第228回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」2014年12月17日

【目次】
[1]キャッチャーコンバートの経緯
[2]最初に心がけたこと
[3]最初は全く息が合わなかった

最初は全く息が合わなかった


左から立田 将太投手と向谷 拓巳捕手(大和広陵)

――バッテリーを組み始めた当初はサイン交換をしてもなかなか意見が合わないことも多かったんじゃないかと推測するのですが。

立田 そうですね。

向谷 全然合わなかったですね。

立田 自分の中では今までずっと投げてきた中で得てきた感覚というものがあるんですよ。こういう配球をしたら打ち取りやすい、みたいな。それと合わないサインが出た時は、やはり首を振ってましたね。
はじめは「うーん、なんでこのカウントでそのサインなんだ…」と思うことはよくありました。そういう自分の思いは全部、彼に伝えるようにはしてましたけど。

――立田投手に言われたときは向谷選手はどういう気持ちになるものですか? 「おれの考えの方がもっといい!」という気持ちがあったりしたのでしょうか?

向谷 最初のうちは首を振られたら、素直に違うサインを出してました。でも「自分の考えもいいんじゃないか?」という思いも半分はありましたね。半分半分です。

――キャッチャー初心者だからと、立田投手の言いなりになるのではなく、自分の考えをしっかりと持って、それをきちんと伝えられる選手だからこそ、立田投手もキャッチャーに推薦したのではないですか?

立田 そうですね。自分の考えというものをしっかりと持っている選手なので。ぼくの新たな可能性みたいなものを彼なら引きだしてくれるんじゃないかという期待はありましたね。

向谷 でも夏が終わって、バッテリー組んで、その年は息が合わないまま、終わってしまったよね。

立田 そうやな。秋は無理やったな。シーズンが終わって、冬の間に徹底して息を合わす練習をして。次の春には息がばっちりと合うようになっていました。

 バッテリーを組んだけど、なかなか息が合わない。高校球児の皆さんもそんな経験があるはず。ここから2人は息がぴったりのバッテリーに成長をしていきますが、どんな取り組みを重ねていったのでしょうか。具体的な取り組みを紹介していきます!

(インタビュー・服部 健太郎)

【続きを読む】大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 後編「意思疎通のスタートはキャッチボールから」

チーム内 コミュニケーション術

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

立田 将太
立田 将太(たつた・しょうた)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    立田 将太
  • 上記データは掲載時のものとなります。

プロフィール

立田 将太
向谷 拓巳(むかいだに・たくみ)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:168センチ59キロ
  • ■選手名鑑
    向谷 拓巳
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第74回 天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第50回 県立大和広陵高等学校(奈良)【冬が僕らを強くする2017】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
第13回 紫と朱、天理と智辯学園の宗教校のライバル対決構図は続く(奈良県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第229回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 後編「意思疎通のスタートはキャッチボールから」 【2014年インタビュー】
第7回 第96回選手権大会 輝きを見せた球児たち 【2014年選手権大会】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】
向谷 拓巳(大和広陵) 【選手名鑑】
大和広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー