印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第230回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手2014年12月19日

【目次】
[1]走塁の極意
[2]走塁のスピードアップを求めるために大切なこと
[3]次の塁に行く意欲が沸いたスパイク / 頑張る高校球児へメッセージ

 これまで堅実な守備、俊足を武器に、過去に4度のリーグ優勝に貢献。今もなお成功確率の高い盗塁技術で中日に欠かせないプレーヤーとなった荒木 雅博選手に、今回は走塁の極意を伺いました。

走塁の極意

――荒木選手は、まず盗塁を試みる上で、意識していることはどんなことですか?

荒木 雅博選手(中日ドラゴンズ)

【1】ピッチャーのクセを見つける

荒木 雅博選手(以下「荒木」) まずはピッチャーが、どういうクセを持っているか一番最初に気付きたいので、下から順に足の幅や足の向き、そこにクセがなければ、膝、腰、上半身、頭と見ていきます。それでも、分からないなという時は、ぼんやり全体をみる。その中で、なんだかここが気になるなという部分があれば、その1点を見てスタートするようにしています。

【2】リードをとる上で意識していること

荒木 僕は少しでも大きくリードします。リードすることによって、相手キャッチャーにもそのリードが見えるわけなので、相手に『ちょっとでもファンブルしたら、セカンドに行かれちゃうな』とか思わせることができる。
つまり、自分がセカンドベースに近い、サードベースに近いというリードをしたいからするのではなくて、相手にみせる、プレッシャーを与えるためのリードというのを常に考えています。

【3】良いスタートを切るために

荒木 ずっとプレーしている中で、どこが一番スタートを切りやすいのかというのは、もう毎日毎日、模索しています。それはアップをしているときでも、ダッシュをするときでも、この形が走りやすいなとか考えていますね。
それでも、『これがいい』という正解はないと思うので、人それぞれ高めにしてスタートするのがいいのか、低めにしてスタートするのがいいのか、それはもう自分で見つけるしかないです。

このページのトップへ

スピードを生かす技術 Ver.3

【次のページ】 走塁のスピードアップを求めるために大切なこと

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

荒木雅博
荒木 雅博(あらき・まさひろ)
  • 中日ドラゴンズ
  • 経歴:熊本工―中日ドラゴンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ74キロ
  • 生年月日:1977年9月13日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第151回 「まるで打球音が違った」ミスタードラゴンズの道を突き進む高橋周平(東海大甲府出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1回 「奇跡のバックホーム」を生んだ「松山商・熊本工」平成の名勝負のあった年は、 公立商業校と工業校が活躍し昭和感を蘇らせた時代でもあった【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー