目次

[1]走塁の極意
[2]走塁のスピードアップを求めるために大切なこと
[3]次の塁に行く意欲が沸いたスパイク / 頑張る高校球児へメッセージ

 これまで堅実な守備、俊足を武器に、過去に4度のリーグ優勝に貢献。今もなお成功確率の高い盗塁技術で中日に欠かせないプレーヤーとなった荒木 雅博選手に、今回は走塁の極意を伺いました。

走塁の極意

――荒木選手は、まず盗塁を試みる上で、意識していることはどんなことですか?

荒木 雅博選手(中日ドラゴンズ)

【1】ピッチャーのクセを見つける

荒木 雅博選手(以下「荒木」) まずはピッチャーが、どういうクセを持っているか一番最初に気付きたいので、下から順に足の幅や足の向き、そこにクセがなければ、膝、腰、上半身、頭と見ていきます。それでも、分からないなという時は、ぼんやり全体をみる。その中で、なんだかここが気になるなという部分があれば、その1点を見てスタートするようにしています。

【2】リードをとる上で意識していること

荒木 僕は少しでも大きくリードします。リードすることによって、相手キャッチャーにもそのリードが見えるわけなので、相手に『ちょっとでもファンブルしたら、セカンドに行かれちゃうな』とか思わせることができる。
つまり、自分がセカンドベースに近い、サードベースに近いというリードをしたいからするのではなくて、相手にみせる、プレッシャーを与えるためのリードというのを常に考えています。

【3】良いスタートを切るために

荒木 ずっとプレーしている中で、どこが一番スタートを切りやすいのかというのは、もう毎日毎日、模索しています。それはアップをしているときでも、ダッシュをするときでも、この形が走りやすいなとか考えていますね。
それでも、『これがいい』という正解はないと思うので、人それぞれ高めにしてスタートするのがいいのか、低めにしてスタートするのがいいのか、それはもう自分で見つけるしかないです。

このページのトップへ

スピードを生かす技術 Ver.3

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。