目次

[1]下級生のときはスピードを追い求めていた
[2]2年夏の屈辱が勝つ投球を追求へ
[3]明治神宮大会決勝の逆転負けが細かな意識を高めるきっかけへ

 昨秋の北信越大会優勝明治神宮大会準優勝今年春の選抜こそ初戦敗退だったものの、夏も甲子園ベスト4と安定した強さを見せてきた日本文理。その立役者とも言えるエースの飯塚 悟史は、常時140キロ前後のストレートを制球良く低めに集めるピッチングが魅力で、BFAアジア選手権の日本代表にも選ばれ、プロのスカウトがマークするほどの逸材。

 中学時代から注目されていた選手だったが、本格的に頭角を現したのは2年秋の新チームになってから。それまでどのような経験を積み、どのような成長を遂げてきたのだろうか?今回、「成長力」をテーマに飯塚と大井監督に話を聞いた。

下級生のときはスピードを追い求めていた

飯塚悟史選手(日本文理)がんばらんば国体2014 大阪桐蔭戦より

――日本文理高校への進学を決めた理由は?

飯塚 悟史(以下「飯塚」) 中学1年の時に(2009年の)準優勝を見て、今まで1回戦敗退が当たり前だった新潟県にこんな成績を残せるチームがあるんだと、すごく感銘を受けました。新潟県の高校で甲子園に行くというのがずっと夢だったので、ここしかないと思ったんです。
あと中学の時は、自分で投げて、鎌倉と僕が打つみたいなチームだったので、打力のあるチームに行きたかった。だから強打の日本文理は魅力的でした。

――1年生の時から公式戦に登板。当時の投球を振り返ると今とは別人のような投球でした。

飯塚 当時は、スピードばかり追い求めていましたね。速ければ打たれない、速ければ勝てると考えていました。結果、フォームを崩して、コントロールも悪く、ケガをしたりしていました。考え方が中学生の延長線上で、甘かったですね。

――スピードへのこだわりを捨てたのはどういったキッカケからですか?

飯塚 2年夏の新潟決勝(対村上桜ヶ丘戦)がきっかけです。勝たなければならない試合の中で、満塁の場面からリリーフで出て、打者1人に四球を出して交代。試合には勝ちましたが、すごいショックを受けて、心から喜べない試合でした。そのあと、甲子園でも背番号1を付けさせてもらって、自分が先発すると思っていたので、先発ではないと聞いた時はショックでした。
4番手で(試合の形勢が決まった後に)投げた事が、すごく悔しかった。だから普段から監督の信頼を得られるような行動とピッチングをしようと思いました。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。