印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第222回 福岡ソフトバンクホークス 内川 聖一選手(大分工業高出身) 【前編】2014年11月06日

【目次】
[1]ボールを長く見ることで、つまった時の対応もできる
[2]自分のスイングの中に相手のボールが入ってくるイメージを持つ
[3]なぜこの用具が自分にとって大切なのかを理解する

 2014年は、7年連続の打率3割。さらに、1500安打も達成した球界屈指の巧打者・内川 聖一選手。なぜ毎年、高い成績を残すことが出来るのだろうか。
今回は内川選手に、バッティングに関するお話から、マインドまでたっぷりとお話を伺いました!まず前編では、野球界で語られる打撃の概念を覆すような、独自の打撃論をお届けします。

【内川 聖一選手の2012年インタビューも合わせてチェック!】
第116回 福岡ソフトバンクホークス 内川 聖一 選手 (前編)
第117回 福岡ソフトバンクホークス 内川 聖一 選手 (後編)

ボールを長く見ることで、つまった時の対応もできる

内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)

――まずは、内川選手に打撃に関する考え方などをお伺いしていきたいと思います。内川選手が、バッティング時のタイミングの取り方でポイントにしていることはどんなことでしょうか?

内川 僕は、早めにタイミングを取るようにしています。早めに取って、“見て打つ”。もっというと、バットを後ろに引いて、ボールを見ますよね。そのあと、ボールのどこにバットを入れるのかまで見ています。

 単純にボールを一生懸命打つこともそうですけど、野球って道具を使わないといけないスポーツなので、道具をどういうふうに使うのかということを考えると自分の身体の動きが決まってくるんです。

 自分自身が、きたボールに対して、どういうバッティングをしたいのかというのが決まっていれば、バットをボールに対してどう入れたら、どういう打球が飛ぶのか、ということを考えてみるといいと思います。

――“道具をどう使うか”ですか。

内川 そうなんです。野球って、矛盾がいっぱいあって、ボールとバットって丸いものと丸いものじゃないですか。『ゴロを打て』というと、野球の指導者のかたは『上から打て』というでしょ。でも、丸いものと丸いものが当たるときに上から打ってしまうと、上にしか行かないと思うんですよね。

 接地面が丸いと、下に打ったらボールって自然と上にあがっていきます。だから、ゴロを打たないといけないときほど、下から打ったほうがゴロになりやすい。僕は普段から、そういうことばっかりしか考えていないんですけど(笑)。
軟式ボールになってくるとまた違いますけど、堅いものと丸いものが当たれば上にしかいかないはずなんです。だから、上に打ちたい時ほど、ボールの下にバットを当てる。

――だからこそ、冒頭の見て打つというワードが最初に出てきたんですね。

内川 とにかく“長く見ること”は大切にしています。長く見て、つまった時にどうするかも考えるようにしていますね。
つまり方もあるんですが、良いつまり方、悪いつまり方というのが、僕はあると思っているので、基本的に、良いつまり方をしているときは、変な当たり方でも僕はヒットになると思っています。

 ヒットになるかどうかは、ボールとバットが当たるときの問題だと思うので、それを慌てずにゆっくり出していけば芯ちかくにボールは当たるんです。グシャっとなるのは良くないけど、多少押し込んでいけるのがいい打球だと思っています。ただ、それはもう自分の感覚になってしまいますね。

このページのトップへ

【次のページ】 自分のスイングの中に相手のボールが入ってくるイメージを持つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中田 翔
内川 聖一(うちかわ・せいいち)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 経歴:大分工―横浜ベイスターズ ―福岡ソフトバンクホークス
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:185センチ91キロ
  • 生年月日:1982年8月4日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1279回 なぜ千賀滉大(蒲郡出身)は育成選手から超一流投手へ成長できたのか?思考法に迫る!【後編】 【2020年インタビュー】
第1278回 「自分の感覚を信じる」 パ・リーグ投手三冠の福岡ソフトバンク・千賀滉大(蒲郡出身)の調整法 【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 【12球団ドラフト指名予想】大きな穴はないものの何か物足りないソフトバンクは誰を1位指名する?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 稀代のスラッガー・阿部慎之助が引退 今なお輝きを放つ5名の2000年ドラフト戦士たち【高校野球コラム】
第926回 選抜出場校の明豊と大分のマッチレースとか?!はたまた新勢力が台頭するのか?【大会展望・総括コラム】
第949回 どの試合でも存在感を示す大分工の柱・今宮悠斗(大分工)! 9年ぶりの甲子園へ攻守で躍動するのみ! 【2019年インタビュー】
第624回 後半に強いチームになれ!大分工が行ったメンタル改革!【野球部訪問】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第915回 小さな大投手・日高翔太(大分工)ウリは「動きを言語化できる抜群の野球センス」【前編】 【2019年インタビュー】
大分工 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー