印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第215回 植田 海選手(近江高等学校)2014年10月21日

【目次】
[1]力を全て出し切れた最初で最後の甲子園
[2]高校時代に盗塁を刺されたのは一度だけ
[3]植田海が目指すショート像とは?
[4]打席での意識はあくまでも「センターより右」

 今年、甲子園で一気に評判を高めた植田 海選手。小柄ながら走・攻・守の三拍子揃ったプレースタイルはスカウトから高く評価されている。植田選手から今までのエピソード、自身がウリとする走塁、守備にちて、そしてドラフト目前に迫った心境を語ってくれた。

力を全て出し切れた最初で最後の甲子園

植田 海選手(近江高校)

――滋賀県甲賀市で生まれ育った植田選手。野球をはじめた時期はいつですか?

植田 海(以下「植田」) 小2のときに「甲南第二スポーツ少年団」という地元の軟式少年野球チームに入団しました。

――小学校のときのポジションはどこだったのですか?

植田 ピッチャーとショートですね。

――中学時代は硬式クラブチームに所属していたんですよね。

植田 そうです。硬式チームでやりたいという思いがあったので、学校の部活ではなく「湖南ビックボーイズ」というチームでプレーしていました。

――中学時代のポジションはショートですか?

植田 中学以降はショート一本です。

――高校は山梨・日本航空高校に進学しますが、一身上の都合で1年生の2月に自主退学。2年生の4月に近江高校に入学します。

植田 野球ができなくなるかもしれないという不安があったので、近江高校で野球を続けられることになったときは本当に嬉しかったです。転向した選手は一年間、公式戦に出られないことはわかっていましたが、野球ができる喜びを思えば、小さなことでした。公式戦に出られるようになる3年春に絶対にレギュラーを獲るんだという気持ちで、日々取り組みました。

――そして3年の春、レギュラーを獲得し、夏の甲子園大会にも出場。植田選手自身にとっては、最初で最後の甲子園のチャンスを見事にものにしました。

植田 何が何でも3年の夏に甲子園にいきたいと思っていたので、よかったです。あれだけの大観衆の前でプレーできたことは財産。緊張はありましたが、楽しさのほうがはるかに勝っていました。甲子園で自分の力を全部出し切れた感覚がありました。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

このページのトップへ

【次のページ】 高校時代に盗塁を刺されたのは一度だけ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岡本和真
植田 海(うえだ・かい)
  • 甲賀市立甲南中(湖南ビッグボーイズ)―日本航空近江
  • 右投げ右打ち
  • 175センチ72キロ
  • ■選手名鑑
    植田 海
【関連記事】
第158回 中学生で180弱、達人級の牽制術…巨人期待の星・横川凱(大阪桐蔭出身)の中学時代の逸話!【恩師が語るヒーローの高校時代】
第157回 「緊張するような男じゃない」中学時代の恩師が知る中日3位・土田龍空(近江)のメンタリティー【恩師が語るヒーローの高校時代】
第30回 今年の顔から2021年の注目選手まで!2020年最も読まれたインタビュー記事TOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
植田 海(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー