印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手2014年09月05日

 甲子園では素早い走塁と、確かな打撃で高校野球ファンを沸かせた健大高崎の主軸・脇本 直人。試合前から見せる、脇本のずば抜けた「準備力」に迫った。

独り黙々と「準備」を怠らない脇本 直人

脇本 直人(健大高崎)

 侍ジャパンの切り込み隊長の名で知られる脇本 直人健大高崎)。
試合前のノックを終えグラウンド整備に入る球場内で、選手たちは試合が始まるまでのわずかな時間を各々の方法で過ごす。
トスバッティングをする選手、キャッチボールを行う選手、またはバウンドの跳ね方を確認する選手。
これが試合前で唯一、仲間とコミュニケーションをとりながら、リラックスする時間ではないだろうか。

 そんな中、目を引く選手がいた。
リラックスの輪の中から少し外れた所で一人黙々とバットを振り、己自身と向き合っていたのが脇本だ。
1本1本のスイングがとても真剣そのもので、目線の先には本当に投手がいるのではないかと思うくらい鋭い眼差しで相手をイメージをしながらスイングに入っている。腰をクネクネさせたり、ステップを変えてみたりと、直ぐに試合に入って行けそうだ。

「準備力」という言葉良く似合う選手だ。
試合が始まり、プレーボールが掛かる直前にもこの準備力が見られた。レフト後方のフェンスに少しトラブルがあり試合開始が少し遅れた。この時間も彼は入念にストレッチを行っていた。立ち居振る舞いがあのニューヨークヤンキースでプレーするイチロー選手のように見えた。

 この試合では良い当たりを連発するも、正面に飛びノーヒットで終わってしまったが、調子は良さそう。

 彼の特徴はどっしりとした下半身。
そこから生まれる脚力とバットスピードは文句なしだ。バッティングはテイクバックが小さく、強靭な下半身主導のスイングだからこそボールをギリギリまで引きつけてさばくことが出来る。カウントに関係無く軸足を中心とした自分のスイングが出来るのではないだろうか。

 バッティングと試合前の素振りについて話を聞いてみた。
「ピッチャーとのタイミングを取るパターンがあり、しっかり軸足(左足)で回るスイングが出来るよう心掛けています」と答えてくれた。
これが試合前に行っていた準備だったのだと納得させられた。

 また少し照れくさそうに
「周りに声をかけあうのが得意な方ではないので、一人でゾーンに入る意識でやっています」とも話してくれた。

 そして最後に、力強く「明日はチームの為に貢献できるよう暴れます」と笑顔で応えた。
「やるべきことをやっている」という自信が言葉から掴み取れた。明日の試合に向けてどんな準備をして臨むのか。楽しみである。

(文・南乃 啓之介)


【試合レポート】18U日本代表vs台湾(2014年9月05日)

第10回 BFA 18Uアジア選手権

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

脇本 直人
脇本 直人(わきもと・なおと)
  • 所属:健大高崎高校
  • 学年:3年
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長体重:180センチ80キロ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第167回 高校通算35本塁打スラッガーから期待の1年生など群馬にいた8人の逸材【高校野球コラム】
第163回 佐倉シニアの恩師が語る2017年黄金世代の選手たち。プロ入り選手以外も実力派揃い【高校野球コラム】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第30回 ドラフト裏話から選手、大会情報だけでなく先生の異動事情も読まれた人気コラムTOP10!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
健大高崎vs明秀学園日立【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs健大高崎【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
健大高崎vs日本文理【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
健大高崎vs東海大四【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
日本vs中国【第10回 BFA 18Uアジア選手権】
脇本 直人(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー