印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第205回 【侍ジャパン18U代表】浦和学院高等学校 小島 和哉選手2014年09月02日

 2013年選抜甲子園優勝投手となった浦和学院小島 和哉。とても2年生とは思えない完成度が高く、隙の無い投球に、しっかりと考えて投げられる投手だろうと思い、ぜひ彼の考えを聞いてみたかった。その機会がようやく実現した。小島 和哉の野球観、取り組み、今大会にかける意気込みに迫る。

本領発揮はこれから。小島の夏大会終了後からここまでの過程を振り返る

小島 和哉(浦和学院)

 スリランカ戦に登板した小島。この日は2回無安打無失点に抑える快投を見せた。この試合についてどんなテーマで臨んだか。

「今日はテンポ、コントロールですね。あとはストレートだけではなく、変化球を織り交ぜながら、自分の感覚を掴んで良いイメージを残すことがテーマでした。あまり力を入れなかったのですが、逆に、力みなく投げれば、しっかりとボールが行くんですよね」

 キレの良い135キロ前後のストレートが両サイドに決まり、隙のない投球を見せていた。

 夏の埼玉大会3回戦で敗れた浦和学院。小島は引退直後、まず夏の追い込みで疲労した体力を回復させ、1、2年生のサポートに当たりながら、練習に取り組んだ。選ばれるかもしれない。その一心で、体力強化。そして夏の大会で乱れたフォーム修正に取り組んだ。

 そして見事に代表に選出され、小島の努力が実を結んだ瞬間であった。小島は選ばれた喜びを投球で披露。近畿大学戦では4.1回を無失点に抑える好投を見せた。

 小島は翌々日の関大戦後に行われたタイブレークの練習にも登板。この時から実に素晴らしいストレートを投げ込んでいたが、制球を乱し、カウントを苦しくする場面が見られた。小島はタイブレークの練習からこんな反省を行っていた。

「点差にもよりますが、満塁策にした場合、攻め方一つで結果が変わりますよね。この場面、ストライクがバンバン取れないですし、カウントを悪くしてからカウントを取りに行こうとすると、甘く入って打たれるリスクもありますし、だから攻めにいっても、死球もあり、四球もありといろいろなパターンが想定されます。そういうリスクの中から好投するには、1球1球、丁寧に投げることだと思います。大会前にそういう場面で投げられたのは大きいと思いますし、それを生かすのは自分自身だと思います」

 自分のなかで、いろいろなパターンを想定しながら下級生時代から厳しい修羅場をくぐったからこそ発言できるコメントで、その対処の仕方も分かっている。本当にクレバーな投手だと感じる。

 引退すれば、つらい練習から離れたくなるもの。甲子園出場選手以外で、代表選手になった選手はそれまで本格的に練習していない選手の方が多い。選ばれるか分からない状況下で、夏が終わっても、自分の課題克服に取り組んだことが素晴らしい。

 決勝リーグで登板の可能性あると信じて調整を続ける。韓国vs台湾の試合を見ていた小島はこう答えた。

「韓国は左打者が多いですよね。昨日、見ていて左に弱いんじゃないかなと思いましした。自分の出番はあるかもしれないですし、さらに調子を上げて、ベストな状態で、韓国打線に立ち向かっていきたい」

まだすべての力を出し切っていないだろう。課題を自分で見つけ改善に取り組める選手は強い、小島の本領発揮はこれからだ。

(文・河嶋 宗一


【試合レポート】18U日本代表vsスリランカ(2014年9月02日)

第10回 BFA 18Uアジア選手権

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小島 和哉
小島 和哉(おじま・かずや)
  • 所属:浦和学院高校
  • 学年:3年
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投げ左打ち
  • 身長体重:175センチ73キロ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1028回 2020年の埼玉は初優勝チームが2校!伝統校、新鋭校がひしめきあう激戦区に!【大会展望・総括コラム】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本航空vs浦和学院【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2016年春の大会 春季埼玉県大会】
小島 和哉(浦和学院) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー