印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第197回 読売ジャイアンツ 杉内 俊哉投手(鹿児島実高出身)2014年08月04日

【目次】
[1]高校時代
[2]高校時代から大きく変わったフォーム
[3]カーブ・スライダーのコツを探る
[4]杉内選手の用具のこだわり

 巨人の背番号18を背負う杉内 俊哉。

 杉内の特徴といえば、余計な力が入らない投球フォームから繰り出すキレ味鋭い直球と、打者の手元で大きく沈む変化球。この2つのコンビネーションで、2005年には最多勝、さらに過去3度、最多奪三振など数々のタイトルを獲得し、現在通算132勝をマーク。そんな杉内投手に、今回はフォームの作り方や球種の話など、ピッチングに関するアドバイスをたっぷりと伺った。

高校時代

読売ジャイアンツ 杉内 俊哉投手

――1998年、夏の甲子園にも出場した杉内投手ですが、高校時代の試合で記憶に残っている試合といえば何でしょうか?

杉内 俊哉(以下「杉内」)最後の夏、鹿児島大会決勝の川内・木佐貫 洋(現・北海道日本ハムファイターズ)との戦いです。今まで勝っていなくて、ずっと負けているチームだったので、最後に対戦をして勝てたことは印象に残っています。木佐貫は、高校時代から良いライバルでした。

――高校時代の練習で、印象に残っている練習はありますか?

杉内 特別なことではなくて、昔も今も、どこでも行われている練習だと思うんですけど、たとえば、ランニングとか、ポール間を走ったりとか、タイヤを引いたりなど。そういう練習は、今でも本当に大事だったと思っていますし、だからこそ高校球児たちも真剣に取り組んで欲しいメニューだなと思っています。

このページのトップへ

【次のページ】 高校時代から大きく変わったフォーム

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中田 翔
杉内 俊哉 (すぎうち・としや)
  • 読売ジャイアンツ
  • 経歴:鹿児島実高-三菱重工長崎-ダイエー-ソフトバンク-ジャイアンツ
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:175センチ/82キロ
  • 生年月日:1980年10月30日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1279回 なぜ千賀滉大(蒲郡出身)は育成選手から超一流投手へ成長できたのか?思考法に迫る!【後編】 【2020年インタビュー】
第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1278回 「自分の感覚を信じる」 パ・リーグ投手三冠の福岡ソフトバンク・千賀滉大(蒲郡出身)の調整法 【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 【12球団ドラフト指名予想】大きな穴はないものの何か物足りないソフトバンクは誰を1位指名する?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
鹿児島実 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー