印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第196回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭高出身)2014年07月18日

【目次】
[1]ずっと描いていたプロ野球選手の姿
[2]中田 翔が語る理想のホームラン
[3]中田 翔のこだわり

 大阪桐蔭高時代は、高校通算87本塁打をマーク。甲子園では、夏ベスト4入りに貢献。当時は、最速147キロの速球を武器に投手としても活躍。打者としても甲子園で歴代7位となる4本塁打を放つなど、大きな注目を集めた。08年に北海道日本ハムファイターズに入団後は、2軍で経験を積みながらも、今ではチームの主力としてその実力とともに人気を集めている。
今回はそんな中田 翔選手に、理想のホームランや、4番打者としての熱い思いなどを伺いました。

ずっと描いていたプロ野球選手の姿

――まずは、中田選手が野球選手になりたいと思ったきっかけを教えてください。

北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手

中田 野球を始めたのは小学校2年生からでしたが、どこの子供も思うように、親にラクをさせてあげたいとか食わしてあげたいというのが最初のきっかけです。
僕の家は裕福ではなかったですし、まして母親一人で育ててもらってきたので余計にそう感じていたのかもしれません。

――では、“野球”が自分に向いていると思ったのはいつごろからですか?

中田 やり始めた初日からです(笑)。もともとありがたいことに体も大きかったし、遠くに飛ばす力や速いボールを投げる力というのは、野球をやっていた子よりは群を抜いていたと思うので、野球をやり始めた時からそう思ってました。

――その当時は、ここまで活躍できるって思い描いていましたか?

中田 思い描いていましたね。野球を始めた当初は、上手くいかないことも多くありましたけど、でも、もともと体も大きかったし力も強かったので、自分では周りとはちょっと違うなと思ってました。

――プロで初めて打席に立った時の事って覚えていますか?

中田 はい、もちろん、今でも覚えています。プロに入って1年目は、ずっと2軍生活が続いていたんですけど、初めて1軍に行った時は足が震えていたのを覚えていますし、本当に緊張していたなというのはすごく覚えています。

――甲子園の時とはまた違う緊張感でしたか?

中田 ぼくは、甲子園というのは、プロに入るために色々なスカウトの人たちにアピールできる、そういう場だとも思っていたので、緊張は無かったです。本当に楽しめたなっていうような印象はあるんですけど、プロの世界に入ってからは楽しめるとかじゃなくて、緊張することの方が多かったですね。

このページのトップへ

【次のページ】 中田翔が語る理想のホームラン

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中田 翔
中田 翔 (なかた・しょう)
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:183センチ/100キロ
  • 出身地:広島県
  • 生年月日:1989年4月22日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第990回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】【野球部訪問】
第629回 夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】【野球部訪問】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー