印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第190回 広島東洋カープ 丸 佳浩選手(千葉経済大学附属高出身)2014年05月27日

【目次】
[1]盗塁王、そして走塁の技術
[2]目で盗む盗塁とは?

 広島東洋カープ入団6年目。今シーズン、持ち前の打撃力で長短打量産し、チームの勝利に大きく貢献している丸佳浩。
 また、丸の魅力は打撃力だけではない。相手の隙を逃さない走塁だ。
 丸は持ち前の俊足と千葉経大附時代に培った観察力により、次の塁を果敢に狙いにいく攻撃的な走塁技術を作り上げた。プロに入ってからも丸の走塁はさらに磨かれ、2013年、初の盗塁王を獲得した。
 今回は、そんな丸が、『走塁』をテーマに、盗塁成功の秘訣やプロ入り後の成長の理由などをたっぷりと教えてくれた。

千葉経大附 松本監督は、当時をこう語る

 入学当初、身体能力は非常に高い選手でした。
 肩は強くて、打てば飛ばしますし、足もかなり速かったです。
 昨年は、盗塁王を獲得しましたが、高校時代は投手をやらせていたので、走らせて故障させるのも怖い部分もあって、高校時代は盗塁はしていなかったと思います。
 丸の魅力は何事にも動じない精神力の強さ、負けん気の強さです。
 そういう気持ちの強さが、厳しいプロの世界でも生き残ることが出来ていると思いますし、高校時代の厳しい練習に歯を食いしばってやってきた結果が、今の丸につながっている部分もあるのではないでしょうか。

盗塁王、そして走塁の技術

広島東洋カープの丸選手

――盗塁王を獲れた理由――

丸 佳浩選手(以下「丸」) 2013年は、盗塁王を獲ることが出来ましたが、自分の中では、盗塁技術は“まだまだ”だと思っています。というのも、千葉経大附高時代は、2年生の秋からは投手に専念したので、盗塁練習はほとんどやっていなくて。

 でもプロに入ってからは、高信二コーチと石井琢朗コーチからも「どんどん走れ」と言われているので、去年は自分の中でも積極的に走ることが出来ました。

 僕が、昨シーズンもそうですが試合で走る上で大切にしていたのは、思いっきりの良さと強い気持ちです。どんな場面でも、迷わずスタートを切れた部分があったので、それで29盗塁につながったのかなと思っています。
 メンタルの部分が強いですが、やはりこれが、盗塁を成功させる上で一番重要だと考えています。行くと決めたら、躊躇(ちゅうちょ)しないで走る勇気がやはり大切ですね。

 あとは、相手投手のクセも研究して、配球を読みながら、変化球を投げるタイミングを見つけて走るようにしていますね。とくに、セ・リーグの場合は、クイックの上手い投手が多いんです。だからこそ、走塁の技術というのは、練習もそうですが、僕は実戦の中で積んでいったほうが、成長が早いと思っています。

――丸選手が語る走塁の技術――

 まず、走る、走らないの判断に関しては、ベンチから『なんで走ったんだ?』と聞かれた時、その根拠をしっかり答えられるようにしています。
 ただ高校生の場合、プロと違って何度も同じ相手と対戦しないので、それは難しいかもしれません。例えば、けん制が遅いタイプならリードは大きくとか、投手のタイプに応じた準備、練習をするといいと思います。

 また、僕の場合、スタートを切るときは、いつも右足からです。歩数は、二塁ベースまで11歩くらいですね。
 僕が走る上で意識しているポイントの一つとして、盗塁をする際に、本来は低い姿勢で走りたいんですけど、体が硬いので、あまりそれにこだわると走り方が窮屈になってしまうんです。そのため、3歩目あたりからは、50mを走るのと同じ姿勢で走るようにしています。

 実際の塁間タイムというのは計ったことはないですが、高校時代よりも足が速くなった感覚があるんです。スタートを切った後、まず打者を見るようにしていますが、その後に二塁ベースを見た時に、1年目より2年目、2年目より3年目と、徐々に近くになっている感じがしています。また、オフシーズンのウエイトトレーニングの成果もあり、今は3歩目くらいで、トップスピードに入れるようにもなりました。

このページのトップへ

【次のページ】 目で盗む盗塁とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山崎 福也
丸 佳浩(まる・よしひろ)
  • 外野手
  • 千葉経大附高 - 広島東洋カープ
  • 右投げ左打ち
  • 177センチ90キロ
  • タイトル
    盗塁王(2013年)
    ゴールデングラブ賞(2013年)
【関連記事】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
第540回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
千葉経大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー