印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第185回 明治大学 山崎福也選手(日大三出身)【後編】2014年04月02日

【目次】
[1]大学では右手の使い方を学んで、ブレイク
[2]今年こそ日本一を取りたい

 今年、ドラフト候補として注目される山崎 福也投手。高校時代は第82回選抜高等学校野球大会準優勝に貢献する活躍を見せました。後編では大学に入ってからの取り組み、投手として急成長した技術的なきっかけ、最終学年としての目標を伺いました。

大学では右手の使い方を学んで、ブレイク

明治大学 山崎福也選手(日大三出身)

――3年になって投手に専念した理由を教えていただけますでしょうか?

山崎 3年春にアメリカキャンプがあったんです。アメリカのチームといろいろ試合をしたんですけど、そこでコツを掴みまして、球自体も一気に速くなりました。

――コツですか。技術的にどんなことを工夫されたのでしょうか?

山崎 投球動作に入るときに、グラブを持つ右手の使い方を改めました。右足を上げて、踏み出してから右腕を本塁方向に向かって伸ばす動作がありますよね。その動作が小さいことを監督から指摘をいただきまして、もっと大きく伸ばす使い方に改めました。その動作に変えてから、球が一気に速くなりました。

――グラブを持つ右手の使い方は大事ですよね。

山崎 アメリカキャンプの時に善波監督に右手の使い方の大事さを教えていただきました。そこからどんどん変わっていきました。右手の使い方に限らず、他の体の使い方も変わってきました。

――1つ良くなることで体全体も変わってくるものなのですね。

山崎 そうですね。今までグラブを持つ右手の使い方の意識が低かったのですが、投球動作に入るときに右手を大きく使うことで、体の使い方も良くなりました。右手を大きく使うことで、体全体で投げているイメージを掴んで、フォームにダイナミックさが生まれてきましたね。

――球速は149キロまで伸びたようですが、変化球の切れも良くなったんですよね。

山崎 変化球がだいぶ増えましたね。曲がり方、落ち方、キレ、制球力もアップしました。高校時代は大きく曲がるスライダー、カーブと2つぐらいしかなくて、それプラスカットボール、ツーシームも投げられるようになりました。

――変化球の曲げ方は、変えたりとかはしましたか?たとえばスライダーは横に曲げていたけど、縦に変えたりしたなど。何か変えたことを教えていただければと思います。 

山崎 それはあります。カーブなんですけど、高校の時は球速が遅く、曲がりはじめるのが早くて、打者にとって見極めやすく、実戦的ではなかったと思います。打者にとって嫌な変化といえば、手元で急に曲がる変化だと思い、大学に入ってからはその変化がするカーブを投げられる練習に取り組み、ようやく投げられるようになりました。

――3年春は6勝、秋は5勝と年間11勝を挙げましたが、自分の思い通りの投球が出来たと感じていますか?

山崎 春は自分の力で6勝できたと思うのですけど、秋は野手陣に助けられました。そんな中でも5勝出来たのは良かったと思います。

――フォームの改良だけではなく、トレーニングで工夫していることはありますか? 

山崎 股関節の柔軟性を大事にしています。そのため日々、ストレッチをして、柔らかくすることをやっています。トレーニングも下半身のスクワットメニューを中心にやっていました。そこまで難しいメニューはやっておらず、球速を高めるにやったということはなく、あくまで下半身のスクワットと股関節の柔軟性を広げるためのストレッチをやっていました。

―― パフォーマンスアップのためにアンダーシャツについてもこだわりはありますか?

山崎 試合用にはダボダボなアンダーシャツは絶対に着ないですね。試合ではピチピチしたアンダーシャツを必ず着用します。とはいっても、ピタッと付着したアンダーシャツは好きではなく、ゆるさがあるピチピチを好き好んで着用しています。昔はピチピチしただけのものしかありませんでしたが、少し緩くなったものがあるので、ありがたいですね。

第86回選抜高校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 今年こそ日本一を取りたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

球児のみんなにギアに関するアンケート!キミはどっち派?

プロフィール

山崎 福也
山崎 福也(やまさき・さちや)
【関連記事】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
山崎 福也(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー