第180回 智辯学園高等学校 尾田 恭平 投手2014年03月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]右投げで始まった野球人生
[2]目指す投手像
[3]持ち味である「球のキレ」を出すコツとは?

 智辯学園は4番打者・岡本 和真選手が注目されていますが、エースの尾田 恭平投手も好投手。抜群の制球力、ストレートのキレの良さで勝負する尾田投手からコントロール、キレ、牽制など投手のスキルを高める練習法、選抜へ向けての抱負を語ってもらいました。

高校野球ドットコムの選抜特集をチェック!
第86回選抜高校野球大会 特設ページ

右投げで始まった野球人生

智辯学園 尾田 恭平 投手

――尾田投手が野球を始めたきっかけを教えてください。

尾田 恭平投手(以下「尾田」) 3歳年上の兄が野球をやっていた影響で、小学校に上がると同時に地元の少年軟式野球チーム「曽大根ベースボールクラブ」に入団しました。兄が右利きで、家にあったお下がりのグラブが右利き用だったことや、右利きのほうが守れるポジションが多いという理由で、野球を始めた当初は右投げ左打ちだったんです。

――本来の利き手は左なんですよね?

尾田 そうです。でもやはり生まれつきの利き手じゃないせいか、投げることがあまり思うように上手くならなくて。そこで小2の後半くらいの時期に親とも話し合って、左投げに変更したんです。最初こそ違和感があって、しっくりこなかったのですが、やはり練習するうちにしっくりき始めて、だんだんいいボールがいくようになった。小3になるとピッチャーを任されるようになり、以来、今日までずっとピッチャーです。

――小2で下した決断が投手人生を呼び込んだんですね。その後、中学硬式クラブの「香芝ボーイズ」を経て、智辯学園に入学するわけですが、高校野球の舞台として智辯学園を選んだ理由はなにかあるのですか?

尾田 憧れの存在だった2学年上の青山 大紀さん(現・トヨタ自動車)、中道 勝士さん(現・明治大)がいるチームというのが大きかったです。中道さんはキャッチャーとしてもすごい方でしたし、キャッチングも抜群。自分のボールをぜひとも中道さんに捕ってもらいたいという思いで入学しました。

――尾田投手は、1年夏にベンチ入りを果たし、登板もしているので、その夢は叶ったんですよね?

尾田 叶いました。マウンドで緊張している自分に向かって中道さんの、『どんとこい! 打たれてもいいから、結果なんか気にせずに思い切り投げてこい!』という言葉で、すごく気持ちが楽になったことをよく覚えています。

――さすが中道先輩ですね。

尾田 ぼくは身長が166センチと小さいですが、中道さんからは『バッターを上から睨み付けるくらいの気持ちで行け! 常にマウンドで自分を大きく見せろ!』といつも言われていました。この言葉は今でも常に意識しながらマウンドに上がっています。

第86回選抜高校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 目指す投手像

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

尾田 恭平(おだ・きょうへい)
尾田 恭平(おだ・きょうへい)
  • 所属:大和高田市立片塩中―智辯学園
  • 学年:3年
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:166センチ/65キロ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
青山 大紀(智辯学園) 【選手名鑑】
尾田 恭平(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー