目次

[1]内角に構えることを恐れない攻撃的リード
[2]ノックもフリーバッティングも常に試合を想定して取り組む / 森選手の勝負強さの秘密とは?中学時代の監督に聞く!

第177回 埼玉西武ライオンズ 森 友哉選手(大阪桐蔭出身)2014年03月18日


 2012年、2年生ながら大阪桐蔭の春夏連覇に貢献した森 友哉
 高校時代から、ここぞという場面で結果を残し続けてきた森。狙い球を見逃さず、チームの勝利に貢献してきた。そんな森の考えるバッティング論、また精神力の強さに迫る!

内角に構えることを恐れない攻撃的リード

埼玉西武ライオンズ 森友哉選手(大阪桐蔭出身)

 今年、埼玉西武に入団した森 友哉大阪桐蔭高2年生だった2012年の春、夏の甲子園大会を制覇したときのレギュラー捕手である。マウンドに立っていたのは昨年、ドラフト1位入団した阪神で10勝6敗、防御率2.75の好成績を残した藤浪 晋太郎小川 泰弘(東京ヤクルト)、菅野 智之(巨人)と新人王を争った。
 この1学年先輩の藤浪をリードするとき、森はこんなことを考えていたという。

「藤浪さんの真っ直ぐはシュート回転するので右打者のときは怖くてあまり内角に構えることができなかったんですが、左打者のときは指にかかったボールがくるので内角は使うようにしていました」

 数少ない弱点、インステップにスリークォーターの腕の振りが重なって藤浪のストレートはシュート回転していたのだが、森が「右打者のときは怖かった」というほど外角一辺倒ではなかった。2012年選手権の準決勝明徳義塾戦では、右打者への内角ストレートは。スピードガンの数字が一番高かった。ある日の取材で藤浪は内角球について次のように答えてくれた。

「1球(内角球を)見せてしまえば。2ストライク目にそれを投げてしまえばこっちのものなんで」
「1球(内角のイメージを)焼きつけてしまえばスライダーが生きてくるんで」
「投げる必要があれば(内角球は)投げるべきだと思います」

 いずれも「ピッチャーの基本はアウトローだと思う」という信念を前提にした内角球だが、この攻撃的精神はさすが甲子園の春、夏を連覇する投手だと思った。そして同時に、内角に構えられる森の意識の高さにも感心した。

「自分も内ばっかり放られると嫌ですし、そういうのもあって内は苦手なバッターが多いので、内に放れるピッチャーというのは有利かなとは思います」

 これは森の言葉である。

 藤浪を取材しているとき大阪桐蔭のグラウンドではシートノックが行われており、ノッカー役だった当時の田中公隆コーチ(現・福井工大福井)は一言も怒声・叱声を張り上げていなかった。ノックを終えた田中コーチに「いつもこんなふうに叱ったり怒ったりしないんですか」と聞くと、
「藤浪の代はちゃんとしているので怒る必要がないんですよ」と言う。藤浪にも聞くと、「そういえばあんまり怒られていませんね」と涼しい顔で言う。
 ダメなときには怒り、やることをきちんとやっていれば何も言わない、このメリハリのきいた監督・部長・コーチの選手たちに対する態度こそ、森の持ち味である、考えて投手をリードする自主性を生み出しているのかと思った。ちなみに、
「森くんのときは監督・コーチに怒られた?」と聞くと、「怒られっぱなしでした」と笑う。

 森のプレーで印象的だったのは2年夏の選手権決勝光星学院(現八戸学院光星)戦の走守である。ストップウォッチで走塁や送球のタイムを測ると、準々決勝天理戦、準決勝明徳義塾戦と、森は4.3秒未満の走塁や、2秒未満の二塁送球など、際立ったタイムを残していない。 森でなくても、甲子園大会の後半になるほどストップウォッチの各種タイムが遅くなるのは普通のことである。ところが春に続く決勝光星学院戦ではイニング間の二塁送球で最速1.89秒、走塁では第1打席の三塁ゴロのときの一塁到達タイムが4.06秒と、生き返ったように森のプレーに溌剌さが戻った。「ガーッと燃えるものが光星学院戦のときはあったんじゃない?」と聞くと、

「そうです。春も決勝で対戦していて、実力で勝てたとは思っていなかったですし、たまたま運があって勝てたぐらいの気持ちしかなかったので、夏こそは実力で勝ったと思ってもらいたかったので全力を尽くせたのかなと思います」。


PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。