第174回 信濃グランセローズ 大塚 晶文監督2014年02月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]呼吸は自分の状態を把握して使い分ける
[2]自分で世界を作ってしまおう
[3]集中するには一点を見つめる!



 「球が消える」。そう評されたスライダーと、最速96マイル(約154km/h)の速球、さらにフォークボール、チェンジアップを操り、クローザーとして世界を制した男がいる。
 今季から独立リーグ・BCリーグの信濃グランセローズで選手兼任監督として指揮をとることになった、大塚 晶文だ。
 横芝敬愛高校から東海大、日本通運を経て1997年に近鉄バファローズに入団。クローザーとして活躍しチームを優勝に導いた後、2003年から中日ドラゴンズへ。2004年~2005年はサンディエゴ・パドレスでセットアッパーとして地区優勝に貢献。2006年にはWBC第1回大会に日本代表のクローザーとして参加。絶体絶命のピンチを切り抜け日本に世界一の栄冠をもたらし、WBC初の胴上げ投手となった。その年から2007年まで所属したテキサス・レンジャーズでは、佐々木 主浩以来日本人メジャーリーガー2人目となる30セーブを達成…。ざっと経歴を並べるだけで、その凄さがわかる。
 そんな大投手の集中力とはどんなものなのだろうか。全球児、必見。世界を制する集中力講座が始まる。

呼吸は自分の状態を把握して使い分ける

――大塚監督の集中の仕方を教えてください。リリーフとして勝敗のかかる場面で多く登板されていましたが、どのように集中力を高めていったのでしょうか。

大塚 晶文監督(以下「大塚」) まず僕がやっていたのは、呼吸です。腹式呼吸で、鼻から吸って、おなかを膨らませて、口から細く長く吐く。緊張して、あがっている状態っていうのは、吸ってばっかりなんです。呼吸が止まっちゃっていたりする。それを、ゆっくり吐いていく。それを4,5回ですね。

――吐くことが大事なんですね。

大塚 吐くことで副交感神経(※体を落ち着かせている時に強く働く神経)が働くんです。吸うとその逆、交感神経(※体を活発に活動させる時に働く神経)が働く。だから、今の自分の状態というのを把握しないといけないですね。あがっている状態なのか、気持ちが下がっている状態なのか。気持ちが下がっていたら、逆に細かく鼻からスッスッスッスと吸って、気持ちを高めていったり、と。
 それで、腹式呼吸では吸うときに、空とか宇宙から、プラスの気が入ってくる、というのを意識するんです。プラスプラスって書いてあるような気が入ってるイメージ。で、そのプラスの気がぐーっと自分の体の中のマイナスの気を押し込んで、頭の後ろ、背中、足の後ろ、そして前に戻ってきて、痛いところだとかマイナスのイメージ等の全部が口から、うわーっと押し出される感覚です。

 その状態にするとまず落ち着くんです。でもそれだけではダメ。僕はそのあと、イメージするんです。目をつぶって、バッターを。そしてそこでするのを僕は「逆腹式呼吸」って呼んでます。腹式呼吸って、吸ったときにお腹が膨らむんです。でも逆腹式呼吸で僕は、吐くときにお腹をぐっと出す。そうやって横隔膜(※胸とお腹の境目にあり、呼吸に大きな役割を果たす。通常の腹式呼吸では吸った時に横隔膜が下がり、お腹が膨らむ)を刺激するんですね。この横隔膜の使い方というのが、投げる時にも使われているんです。投げる時に、ふっ!って力が入りますよね。あの時の動きなんです。イメージの中でも、横隔膜を使うんです。イメージで投げている時に、ふっ!と。そうすると、(リリースで)切った時のイメージと一緒なんです。

このページのトップへ

【次のページ】 自分で世界を作ってしまおう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大塚 晶文 (おおつか・あきのり)
大塚 晶文 (おおつか・あきのり)
  • 信濃グランセローズ
  • 経歴:横芝敬愛高、東海大、日本通運、大阪近鉄バファローズ、中日ドラゴンズ、サンディエゴ・パドレス、テキサス・レンジャーズ、信濃グランセローズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ/92キロ
  • 出身地:千葉県
  • 生年月日:1972年1月13日
  • 日本代表:2006年WBC
  • タイトル:最優秀救援投手(1998年)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー